人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】マリオに続いてヨッシーもNEW化『YOSHI'S NEW ISLAND』ファーストインプレッション

緑の人気者「ヨッシー」が主役の新作ニンテンドー3DSソフト『YOSHI'S NEW ISLAND』をプレイしてきましたので、そのファーストインプレッションをお届けします。

任天堂 3DS
『YOSHI'S NEW ISLAND』タイトル画面
  • 『YOSHI'S NEW ISLAND』タイトル画面
  • 1-1はやっぱりお花畑が舞台
  • 1-1でお馴染み、タマゴの作り方
  • ボス戦もプレイ可能
  • 見事ボス撃破
  • 大剣終了
  • 会場内ではスタッフのお姉さんが持っている3DS LLでプレイ
緑の人気者「ヨッシー」が主役の新作ニンテンドー3DSソフト『YOSHI'S NEW ISLAND』をプレイしてきましたので、そのファーストインプレッションをお届けします。

『ヨッシーアイランド』は、スーパーファミコンで発売され、好評を博したヨッシーが主役のアクションゲームです。タマゴを使った独自アクション、ふんばりジャンプやヒップドロップなど、現在のヨッシーの基礎を築きあげたタイトルでもあります。また、手描きのような温かみあるグラフィックも特徴のひとつです。その後シリーズ化され、『ヨッシーストーリー』や『ヨッシーアイランドDS』などがこれまでに発売されてきました。『ヨッシーストーリー』を除き、ヨッシーは赤ちゃんマリオを背中に乗せて守りながらゴールを目指します。

6年ぶりの最新作となる『YOSHI'S NEW ISLAND』では、マリオと同じくタイトルに「NEW」の文字が与えられ、『New スーパーマリオブラザーズ』シリーズのような現代風のグラフィックを採用。さらに巨大なタマゴ「メガタマゴ」が登場。『New スーパーマリオ』で言う「巨大キノコ」相当の新要素で、画面いっぱいの大きなタマゴを投げると、ブロックや土管を破壊。新たな道が開いたりすることも。

E3会場で遊べたデモバージョンは、会場内にいるスタッフのお姉さんが持っている3DS LLで遊ぶことができました。ゲームはワールド1の一部を少しずつ寄せ集めた特別バージョンとなっており、扉をくぐると1-2、1-3・・・といった具合に様々なステージをちょっとずつ体験することができました。

過去作との最大の違いがヨッシーのグラフィック。これまでは2Dのドット絵だったものが、3D風に。ゲームは昔と変わらない同じ操作感覚でプレイできるので、一度でも『ヨッシーアイランド』をプレイしたことがある人ならスムーズにプレイできるでしょう。

また『ヨッシーアイランド』シリーズと言えば「モーフィング」も存在しますが、デモバージョンでは未確認。「メガタマゴ」以外は目立った進化はないものの、安定な王道ヨッシーのアクションゲームとして仕上がりそうですね。発売時期に関しては未定と言うことで、遊べる日はまだまだ先になりそうです。



『YOSHI'S NEW ISLAND』は、発売日・価格共に未定です。

(C)2013 Nintendo
《》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”がついに修正ー未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も

    『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”がついに修正ー未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も

  2. 『モンスターハンターライズ』好きな武器を教えて!ベテランからビギナーまで、熱いコメント大募集【読者アンケート】

    『モンスターハンターライズ』好きな武器を教えて!ベテランからビギナーまで、熱いコメント大募集【読者アンケート】

  3. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

    『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  4. 『はじめてゲームプログラミング』に素人が約10時間挑戦!本当に未経験者でもゲーム制作ができるのか?

  5. 『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

  6. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  7. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  8. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  9. 『天穂のサクナヒメ』の食材は「肥溜め」で長期保存できるのか? ネットで話題の活用法を実践─保存どころか、まさかの効果が!

  10. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る