人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】中古ゲーム問題は「あくまでもゲーマー、顧客の利益が第一」EAレーベル社長談

ゲームビジネス その他

【E3 2013】中古ゲーム問題は「あくまでもゲーマー、顧客の利益が第一」EAレーベル社長談
  • 【E3 2013】中古ゲーム問題は「あくまでもゲーマー、顧客の利益が第一」EAレーベル社長談
  • EAレーベル社長、Frank Gibeau氏
現在、絶賛開催中の世界最大のゲームショー、E3ですが華々しい新作ソフト発表の裏で多くの関係者の間で話題になっている争点のひとつが中古ゲームソフト問題です。

この問題に対するマイクロソフト、ソニーの表明に続いて、ゲーム制作サイドからはエレクトロニック・アーツの重役(EAレーベル社長)、Frank Gibeau氏が中古ソフト問題についての見解を先頃、E3を取材中のアナリストに語っています。

中古ソフト問題に対する同社のスタンスは現在検討中であるとしながらも「ゲーマー(の利益が)第一であり、顧客第一である」という基本姿勢を主張し、中古ゲームをプレイすることもゲーマーにとっては「とてもポジティブなゲーム体験」であると述べていることから、どうやら規制はかけない方針であると推察できそうです。

以前から中古ゲームソフトは業界内で幾度となく問題視されてきましたが、次世代機のXbox One、PS4が基本的にはネット接続状態でのプレイを前提に設計されていることが次第に明らかになり、オンライン上で中古ゲームが識別できるようになってしまうことから、現在この問題が再燃しています。

マイクロソフトは先日、中古ソフトの扱いについては個々のパブリッシャーに任せるという基本姿勢を打ち出しながらも、同社が販売するXbox One用ソフトについては中古販売や譲渡について何らの課金も課さないとしています。しかしながら、譲渡の際にはXbox Liveの上で「30日以上の友好関係」にあった人物に、1本のゲームについて「一度だけ」という条件を設けています。

一方でソニーは、ディスク版の中古ソフトをオフライン状態でプレイする限りは、これまで通り何らの制限も設けないとしています。

次世代機の登場と共にリニューアルされた形になった中古ゲームソフト問題ですが、実際に次世代機が登場してからはいったいどんな動きを見せるのか、業界関係者には長期的な観測が求められていそうです。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. アイディアファクトリーとフェリステラが業務提携…家庭用RPGなどの開発拡大を目指しスタッフを募集

    アイディアファクトリーとフェリステラが業務提携…家庭用RPGなどの開発拡大を目指しスタッフを募集

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. TGS2016のアソビモブースにて、新感覚のVRゲームを出展!『BTOOOM!オンライン(仮)』コスプレイヤーとの撮影も

  5. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  8. イマジニア、連結子会社であるロケットカンパニーを吸収合併 ─ 『メダロット』の版権はイマジニアに集約

  9. 任天堂の懐刀、NERDがクラウドコンピューティング導入に着手

  10. 『イナズマイレブン』特許訴訟・・・両社の主張と争点

アクセスランキングをもっと見る