人生にゲームをプラスするメディア

処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開

角川ゲームスは、PS3/Xbox360ソフト『KILLER IS DEAD』の第4弾となるプロモーション映像を公開しました。

ソニー PS3
処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開
  • 処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開
  • 処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開
  • 処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開
  • 処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開
  • 処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開
  • 処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開
  • 処刑シーンをクラシックの名曲にのせて『KILLER IS DEAD』戦闘シーンも収録したPV第4弾公開
  • 『KILLER IS DEAD』
角川ゲームスは、PS3/Xbox360ソフト『KILLER IS DEAD』の第4弾となるプロモーション映像を公開しました。

処刑人としての職務を全うし、さまざまな処刑対象と闘う主人公モンド。今回のPVでは、本作に登場する個性豊かなボスキャラクターたちの鮮烈な処刑シーンが、ショパンの名曲「別れの曲」にのせてしっとりと紹介されています。

また、映像の後半ではスピード感溢れる戦闘シーンも収録。目にも止まらぬ速さでカタナを振るい、次々に敵を圧倒していく様は、見ているだけでアクションの爽快感や手触りの気持ち良さが伝わってくるようです。



モンドは、カタナ「GEKKOU」の連続攻撃によって血に含まれるダークマターを体内に取り込み、覚醒をはたします。そのエネルギーでGEKKOUは蒼色に発光し、モンドの攻撃は斬れば斬るほどスピードを増していくのです。コンボを繋げていくことで、アクションはより華麗に、よりスピーディーにパワーアップ!モンドの内に溜まるダークマターの力を一気に放出し、唸るカタナで高速で敵を切り刻む斬撃攻撃や、左腕「マッセルバック」の換装武器で、敵を一気に死地へと追い込んでいきます。

『KILLER IS DEAD』は、2013年8月1日発売予定で価格は7,980円(税込)です。

(C) GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. / Published byKADOKAWA GAMES
《Ami》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【9月21日】─「ソニーストア」が抽選結果を順次通知

    「PS5」の販売情報まとめ【9月21日】─「ソニーストア」が抽選結果を順次通知

  2. 筆者はいかにしてPS5を手に入れたのか ─ PS5を入手する3つの方法と入手確率アップの法則【GW特集】

    筆者はいかにしてPS5を手に入れたのか ─ PS5を入手する3つの方法と入手確率アップの法則【GW特集】

  3. リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

    リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

  4. 『アトリエ』シリーズ13タイトルが最大60%オフ!コーエーテクモ「TGSセール」、10月4日まで

  5. 再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

  6. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  7. 「配達員にパクられました」―AmazonでPS5を購入完了したはずが…ひとりのゲームファンに起こった悲劇

  8. 『テイルズ オブ アライズ』絢香さんが名曲「Hello, Again~昔からある場所~」 をカバー!新CMを先行公開

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』9月24日発売決定!“キムタクが如く”こと『ジャッジアイズ』の続編―新たな舞台は「横浜」

アクセスランキングをもっと見る