人生にゲームをプラスするメディア

ガンホー、平成25年12月期第1四半期連結業績 ― 経常利益は7,219.6%増

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、平成25年12月期第1四半期の連結業績を公開しました。

ゲームビジネス その他
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、平成25年12月期第1四半期の連結業績を公開しました。

当第1四半期連結累計期間は、売上高309億400万円(前年同期比838.9%増)、営業利益は186億1600万円(前年同期比7,383.9%増)、経常利益は186億6200万円(前年同期比7,219.6%増)、四半期純利益は123億2100万円(前年同期比5,305.7%増)となりました。

■PCオンライン事業
PCオンライン事業においては、『ラグナロクオンライン』『エミル・クロニクル・オンライン』を中心に、引き続きゲーム内イベントや新アイテムの販売等を行ったものの、第1四半期において季節的要因を受けやすいことや、昨今、スマートフォンや携帯型家庭用ゲーム機でもオンラインゲームが楽しめるようになり、徐々にユーザーが移行、売上高が緩やかな減少傾向となりました。 この結果、売上高は17億2800万円(前年同期比20.1%減)、営業利益は4300万円(前年同期比92.5%減)となりました。

■モバイルコンシューマ事業
モバイルコンシューマ事業においては、スマートフォンゲーム『パズル&ドラゴンズ』が順調に推移し、3月25日には日本国内累計1,100万ダウンロードを突破するなど、人気を博しています。また、アクションパズルRPG『ケリ姫スイーツ』も、シリーズ累計500万ダウンロードを数えるなど、『パズル&ドラゴンズ』に続く人気作となりました。

また、コンシューマゲームについては、PS Vita向け『グナロク オデッセイ』が販売本数累計30万本を突破するなど、引き続き好調に推移。 この結果、売上高は 292億2600万円(前年同期比 2,344.4%増)、営業利益は188億4900万円(前年同期△142百万円)となりました。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

    活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  2. 【GTMF2013】ゲストセッション 『SOUL SACRIFICE』の絵作り―神は細部に宿る

    【GTMF2013】ゲストセッション 『SOUL SACRIFICE』の絵作り―神は細部に宿る

  3. 「CREATIVE JOB FESTA SAPPORO 2019」開催決定―クリエイティブ業界特化型の就転職フェスタ!

    「CREATIVE JOB FESTA SAPPORO 2019」開催決定―クリエイティブ業界特化型の就転職フェスタ!

  4. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  5. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  6. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  7. カナダならゲーム開発者が定時で帰れる!? 世界最大のゲーム開発拠点「カナダ」

  8. 【CEDEC 2014】ゲーム開発を最適化するアセットパイプライン、基礎知識と構築のポイントを解説

  9. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 「ドラマCD メタルスレイダーグローリー」プロデューサー・声優陣からのコメントが到着

アクセスランキングをもっと見る