人生にゲームをプラスするメディア

10.3%がゲームを違法にプレイ、家庭用ゲーム参加者は1年間で232万人減・・・CESAが調査

ゲームビジネス その他

家庭用ゲーム機の非正規機器・非正規ソフトウェアの利用経験が家庭用ゲーム参加者の10.3%であることが、コンピューターエンターテイメント協会の調査により明らかになりました。

これは、4月30日に発行された「2013年CESA一般生活者調査報告書」に書かれている内容で、家庭用ゲーム参加者(300サンプル)にマジコンや改造ツールなどの非正規機器、違法コピーや改造プログラムなどの非正規ソフトウェアの利用経験をたずねたところ、「遊んだことがある」と回答した人が10.3%に及んだといいます。

また、この「一般生活者調査報告書」は毎年発行されているので、2012年度と家庭用ゲーム参加者の人数を比べてみました。すると、2012年度調査では3,142万人(全体の29.3%)もいた家庭用ゲーム参加者が2013年度調査では、2,910万人(全体の25.9%)と232万人も減少していることが分かりました。

その他の詳しいデータは、「2013CESA一般生活者調査報告書~日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査~」に書かれています。価格は6,300円(税込)で全国の政府刊行物取扱書店などで発売中。

なお、合計データを表計算ソフトベースで収録した「デジタルデータCD」も12,600円(税込)で、同協会の通信販売のみで取り扱いがされています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  7. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  9. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  10. VRビジュアルノベル『バーチャルノベル』プロジェクト発足、支援者を募集中

アクセスランキングをもっと見る