人生にゲームをプラスするメディア

10.3%がゲームを違法にプレイ、家庭用ゲーム参加者は1年間で232万人減・・・CESAが調査

ゲームビジネス その他

家庭用ゲーム機の非正規機器・非正規ソフトウェアの利用経験が家庭用ゲーム参加者の10.3%であることが、コンピューターエンターテイメント協会の調査により明らかになりました。

これは、4月30日に発行された「2013年CESA一般生活者調査報告書」に書かれている内容で、家庭用ゲーム参加者(300サンプル)にマジコンや改造ツールなどの非正規機器、違法コピーや改造プログラムなどの非正規ソフトウェアの利用経験をたずねたところ、「遊んだことがある」と回答した人が10.3%に及んだといいます。

また、この「一般生活者調査報告書」は毎年発行されているので、2012年度と家庭用ゲーム参加者の人数を比べてみました。すると、2012年度調査では3,142万人(全体の29.3%)もいた家庭用ゲーム参加者が2013年度調査では、2,910万人(全体の25.9%)と232万人も減少していることが分かりました。

その他の詳しいデータは、「2013CESA一般生活者調査報告書~日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査~」に書かれています。価格は6,300円(税込)で全国の政府刊行物取扱書店などで発売中。

なお、合計データを表計算ソフトベースで収録した「デジタルデータCD」も12,600円(税込)で、同協会の通信販売のみで取り扱いがされています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

    『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい。」

    シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい。」

  4. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  5. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  6. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. ポノス、「EVO2017」『ストV』部門5位タイの“もけ”氏をゲーマー社員として採用

  9. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  10. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

アクセスランキングをもっと見る