人生にゲームをプラスするメディア

【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ

「パズドラ ファン感謝祭2013」の「パズドラ最新情報」では、代表取締役CEOの森下一喜氏と執行役員改め『パズル&ドラゴンズ』の山本大介Pが登場。まず語られたのは、注目のニンテンドー3DSソフト『パズドラZ』の最新情報でした。

その他 全般
【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
  • 【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
  • 【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
  • 【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
  • 【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
  • 【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
  • 【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
  • 【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
  • 【パズドラ ファン感謝祭2013】究極進化ヴァルキリーは光と木の複属性!エヴァや『パズドラZ』、今後の情報まとめてチェキ
「パズドラ ファン感謝祭2013」の「パズドラ最新情報」では、代表取締役CEOの森下一喜氏と執行役員改め『パズル&ドラゴンズ』の山本大介Pが登場。まず語られたのは、注目のニンテンドー3DSソフト『パズドラZ』の最新情報でした。

「スマートフォンの『パズドラ』を企画していた当初からコンシューマで出そうと考えていた」と語るのは森下氏。これを受けて山本Pから7割から8割が新規描き下ろしで登場すること、さらには魔法石の要素は一切なくなり、小さな子どもがアイテム課金をしすぎるといった心配もなくなるとのことです。

ここで登場したのは、コロコロコミックの編集長村上さん。実はこの日、『パズドラZ』を試遊するともらえる『パズドラZ』オリジナルシールに、「パズドラZの宇宙最速情報はコロコロコミックをチェック!」という文字が描かれていました。このコラボ経緯には、山本Pの「子どもたちにもパズドラをやってほしい、僕らの会社はスマホだけの会社ではなくゲームの会社でもある」という想いがあったのだそうです。今日としては、ゲームの情報をコロコロコミックでお届けといった形でのコラボとして発表したようですが、コミカライズについて司会が尋ねると山本Pも「ありえたり?」と本当にソワソワしているご様子。森下氏が「是非マンガになってもらえたら嬉しい」と後押しをすると、「漫画連載を必ずやります!絶対に読んでください!」とその場で村上編集長が決定を下しました。

スマートフォン版『パズドラ』の最新情報で最も目を惹いたのは、やはり「ヱヴァンゲリオン」とのコラボでした。4月24日に発売された「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」Blu-ray&DVDのコラボレーションとして、5月27日より『パズドラ』内コラボダンジョンが登場します。公開されたイラストは「碇シンジ」と「式波・アスカ・ラングレー」、それぞれ機体と一緒に描かれていますがセットで1モンスター扱いとなるそうです。

そして、この発表時に配信されたのが新ノーマルダンジョンでした。パズドラ史上最強のドラゴンとして、ドラゴンタイプの攻撃力が3.5倍となるスキルを持つ「ヘビーメタルドラゴン」が登場。会場ではダンジョンを攻略している動画が公開されましたが、サクッとGAME OVERさせられる場面の連続に「うわぁ」という雰囲気が広がります。ここで山本Pよりトドメ、「かなり強力なダンジョンながらノーコンテニューでクリアできるバランスになっていますので、楽しんでください」と説明がありました。

さらに、今後実装される降臨ダンジョンの最新キャラクターイラストを公開!まずは、5月に降臨する「覚醒ゼウス・ディオス」、そして6月以降に降臨する「覚醒ヘラ・ウルズ」「奈落の狂皇子ベルゼブブ」「覚醒アテナ」が公開されました。最も「かわいー!」の声が飛んだのは、前日にイラストが仕上がったという「究極進化ヴァルキリー」。火と光の複属性を持ちかなり強力なモンスターになっているようです。

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『KOF』八神庵が“異世界転移”するスピンオフ小説登場!「ゴブリンも!ドラゴンも!女騎士も!すぐ楽にしてやる」

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. 『PCエンジン mini』思い出に残るタイトルベスト20を発表─トップはKONAMIの名作『スナッチャー』!

  4. 『うたわれるもの』シリーズ完全新作発表!“血に縛られし一族の姫”と“名を失いし男”の運命への叛逆が始まる

アクセスランキングをもっと見る

1