人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita版『朧村正』10万本突破 ― 開発スタッフの記念コメントをお届け

マーベラスAQLは、PlayStation Vitaソフト『朧村正』の販売本数が10万本突破したと発表しました。

ソニー PSV
朧村正
  • 朧村正
  • 『朧村正』パッケージ
マーベラスAQLは、PlayStation Vitaソフト『朧村正』の販売本数が10万本突破したと発表しました。

『朧村正』は、Wiiで発売され好評を博した和風テイスト満載のアクション絢爛絵巻和風アクションRPG。様々な新要素を加えてPS Vitaに登場しました。

そして今回、その本作の販売本数が10万本突破。販売本数はパッケージ版の国内出荷本数とダウンロード版の販売本数の合算本数で、これはシリーズ最高実績とのことです。また、これを記念して開発スタッフからのコメントが届いています。

■スタッフコメント
<プロデューサー:はしもとよしふみ氏>
「祝10万本出荷!こんにちは、はしもとです。GWを皆さんいかがお過ごしでしょうか。『朧村正』熱烈な応援のお陰で、10万本を突破する事が出来ました!制作中色々ありましたが、全てが良い思い出です。・・・って、いやいや。DLCもありますので、まだまだ引き続きよろしくお願い致します」

<ディレクター:神谷盛治氏>
「『朧村正』PS Vita版、ご好評をいただきましてお客様には心から御礼申し上げます。PS Vitaで、朧が名乗りを上げる次第となりましたのは忘れもしない2年前、弊社が生きるの死ぬのと貧窮している折も折はしもとよしふみ氏が現れて「これを食って精つけろ」と仏の心で差し出された、これというのが移植の話。奇しくも当時別件で、PS Vitaの研究をしていた事もありありがたいお申し出と請け負わせていただきました。ところが季節も過ぎて秋口に、新キャラ足さねば認可は出来ぬとお上からのキツイお達し、突然のことにどよめきます。時の経つのは早いもの、怒涛のような開発で悲喜こもごもを丸め込み、体を成したる朧村正語り終えた夜話に、手を加えるのは無粋の極みそれでも足さねばならぬならと、覚悟の新作大見得切り妖刀語りはあれ切りと、取り出したるは妖怪話ホントは別の作品にと、取って置きの隠し弾畢竟「元禄怪奇譚」、小粒な短篇集とは言えど尚一層趣味に走って、新作の体で鋭意製作中なれば皆々様ご期待の上、気を長くお待ち下さいますよう何卒よろしくお願い申しあげます」

<サウンドプロデューサー:崎元仁氏>
「皆様に愛された鬼助と百姫が4年の時を経てPS Vitaへ帰って来ました。この独特で恐ろしくも美しい世界をまた皆様と旅をできるのを楽しみにしています」

『朧村正』は、好評発売中で価格は4,980円(税込)です。

(C)2009,2013 MarvelousAQL Inc.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  5. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  8. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  9. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  10. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

アクセスランキングをもっと見る