人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita版『朧村正』10万本突破 ― 開発スタッフの記念コメントをお届け

マーベラスAQLは、PlayStation Vitaソフト『朧村正』の販売本数が10万本突破したと発表しました。

ソニー PSV
朧村正
  • 朧村正
  • 『朧村正』パッケージ
マーベラスAQLは、PlayStation Vitaソフト『朧村正』の販売本数が10万本突破したと発表しました。

『朧村正』は、Wiiで発売され好評を博した和風テイスト満載のアクション絢爛絵巻和風アクションRPG。様々な新要素を加えてPS Vitaに登場しました。

そして今回、その本作の販売本数が10万本突破。販売本数はパッケージ版の国内出荷本数とダウンロード版の販売本数の合算本数で、これはシリーズ最高実績とのことです。また、これを記念して開発スタッフからのコメントが届いています。

■スタッフコメント
<プロデューサー:はしもとよしふみ氏>
「祝10万本出荷!こんにちは、はしもとです。GWを皆さんいかがお過ごしでしょうか。『朧村正』熱烈な応援のお陰で、10万本を突破する事が出来ました!制作中色々ありましたが、全てが良い思い出です。・・・って、いやいや。DLCもありますので、まだまだ引き続きよろしくお願い致します」

<ディレクター:神谷盛治氏>
「『朧村正』PS Vita版、ご好評をいただきましてお客様には心から御礼申し上げます。PS Vitaで、朧が名乗りを上げる次第となりましたのは忘れもしない2年前、弊社が生きるの死ぬのと貧窮している折も折はしもとよしふみ氏が現れて「これを食って精つけろ」と仏の心で差し出された、これというのが移植の話。奇しくも当時別件で、PS Vitaの研究をしていた事もありありがたいお申し出と請け負わせていただきました。ところが季節も過ぎて秋口に、新キャラ足さねば認可は出来ぬとお上からのキツイお達し、突然のことにどよめきます。時の経つのは早いもの、怒涛のような開発で悲喜こもごもを丸め込み、体を成したる朧村正語り終えた夜話に、手を加えるのは無粋の極みそれでも足さねばならぬならと、覚悟の新作大見得切り妖刀語りはあれ切りと、取り出したるは妖怪話ホントは別の作品にと、取って置きの隠し弾畢竟「元禄怪奇譚」、小粒な短篇集とは言えど尚一層趣味に走って、新作の体で鋭意製作中なれば皆々様ご期待の上、気を長くお待ち下さいますよう何卒よろしくお願い申しあげます」

<サウンドプロデューサー:崎元仁氏>
「皆様に愛された鬼助と百姫が4年の時を経てPS Vitaへ帰って来ました。この独特で恐ろしくも美しい世界をまた皆様と旅をできるのを楽しみにしています」

『朧村正』は、好評発売中で価格は4,980円(税込)です。

(C)2009,2013 MarvelousAQL Inc.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  2. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  3. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

    PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  4. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  5. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  6. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  7. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ決定、ゲラルトさんが新大陸に!開催は2019年初頭を予定

  8. 【12/15更新】『グランブルーファンタジー Re: LINK』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  9. 『クラッシュ・バンディクー レーシング - ブッとびニトロ!』国内発売決定!―トレイラー公開

  10. 「龍が如くスタジオ」× 木村拓哉のリーガルサスペンスが展開!『JUDGE EYES:死神の遺言』12月13日発売決定

アクセスランキングをもっと見る