人生にゲームをプラスするメディア

コナミ、緑豊かな環境を維持する「ドラコレ森を守ろうプロジェクト」実施

コナミデジタルエンタテインメントは、『ドラゴンコレクション』と『ドラコレ&ポーカー』のゲーム内イベントを通じて、「ドラコレ森を守ろうプロジェクト」を実施すると発表しました。

ゲームビジネス その他
未整備林
  • 未整備林
  • 整備林
  • 『ドラゴンコレクション』
  • 『ドラコレ&ポーカー』
コナミデジタルエンタテインメントは、『ドラゴンコレクション』と『ドラコレ&ポーカー』のゲーム内イベントを通じて、「ドラコレ森を守ろうプロジェクト」を実施すると発表しました。

『ドラゴンコレクション』は伝説の「ドラゴンカード」をコレクションしていく人気カードゲーム、『ドラコレ&ポーカー』は『ドラゴンコレクション』を題材にしたアプリになります。「ドラコレ森を守ろうプロジェクト」では、4月25日から5月9日にゲーム内で実施する期間限定イベントにて、参加プレイヤーのクリア状況に応じて同社が森林保全活動の原資を拠出します。

地球温暖化や環境破壊などによる気候変動や自然災害、被害が多発していることから、持続的な間伐、枝打ち、下刈りといった森林整備により、緑豊かな環境を維持する重要性が高まっていることを感じた同社は、事業を通じた環境保全活動の可能性を検討。そして、『ドラゴンコレクション』の世界観と合う「龍」にまつわる伝説が残っている「龍泉洞」のある岩手県岩泉町と、葛巻町の森林を対象とした「ドラコレ森を守ろうプロジェクト」の実施を決定しました。

同社は2012年9月にも、『ドラゴンコレクション』ゲーム内イベントを実施。その結果、約150万平方メートル分(東京ドーム32個分)の保全活動支援をしています。『ドラゴンコレクション』と『ドラコレ&ポーカー』プレイヤーの方は、「ドラコレ森を守ろうプロジェクト」に参加することで、緑豊かな環境を維持するための支援に協力してみてはいかがでしょうか。

(C)2013 Konami Digital Entertainment
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

    今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  4. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  5. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  6. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. ガンホー、ミクシィ、クルーズらが語るクラウドの活用~「AWS Summit Tokyo 2014」レポート

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

アクセスランキングをもっと見る