人生にゲームをプラスするメディア

インデックス、最終損益は22億円超の赤字を計上・・・ゲーム事業は堅調に推移

インデックスは4月15日、13年8月期第2四半期累計(12年9月-13年2月)の決算報告を行いました。

ゲームビジネス その他
『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』パッケージ
  • 『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』パッケージ
  • 『デビルサマナー ソウルハッカーズ』パッケージ
  • 『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』パッケージ
  • インデックス ロゴ
インデックスは4月15日、13年8月期第2四半期累計(12年9月-13年2月)の決算報告を行いました。

これまでの7000万円の黒字予想に反し、第1四半期と第2四半の結最終損益は22億6000万円の赤字(前年同期は4億8000万円の赤字)と赤字幅が拡大しました。この結果、2月末時点で14億3000万円の債務超過となりました。

予想を覆す赤字報告の一方で、同社主力のデジタルゲーム事業では、「アトラス」ブランドの『デビルサマナー ソウルハッカーズ3DS』、『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』、『世界樹の迷宮IV』等を中心に好調な売り上げを記録しました。また、ペルソナシリーズを中心にライセンス販売の売り上げも活発で、コンシューマーゲーム分野は売上高・営業利益とも予想を大きく上回りました。さらにコンテンツ&ソリューション事業はスマートフォンの普及も追い風となって堅調に推移していたということです。

しかしながら主力事業以外の業績が低迷し、営業損益は当初予想の2億2600万円の黒字から一転、9900万円の赤字となり、経常損益の13億7200万円の赤字に続き、繰延税金資産の取り崩しなどにより最終損益も赤字となりました。

この報告にあわせて13年8月期通期の業績予想も修正し、最終損益は16億7700万円の赤字に転落する見通し(前期は4億4700万円の黒字)であると報告しています。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  4. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  5. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  6. ホログラムゲームが実現しそうなHMD「castAR」一般販売は2017年以降を予定

  7. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  8. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  9. 上海アクセスブライトに聞く、中国スマホゲーム市場と中国展開の秘訣・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第30回

  10. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

アクセスランキングをもっと見る