人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード ORC』開発Slant Sixにて一時解雇のレイオフ実施、ほぼ全員が対象との情報も

『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』や『SOCOM』シリーズの開発元として知られるカナダのスタジオSlant Six Gamesにて、一時解雇の形でレイオフが実施されたことが明らかにされました。Slant Sixが海外サイトGames Industryに対し公式声明にて伝えています。

ゲームビジネス 人材
『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』や『SOCOM』シリーズの開発元として知られるカナダのスタジオSlant Six Gamesにて、一時解雇の形でレイオフが実施されたことが明らかにされました。Slant Sixが海外サイトGames Industryに対し公式声明にて伝えています。

Slant Sixは公式声明の中にて、「新たなビジネスを交渉する一方で、チームのサイズを縮小し内部の操業コストを減少させることは必要不可欠」であるとコメント。またSlant Six側は今回のレイオフは一時解雇(Temporary Layoffs)であると強調しており、新たなプロジェクトや資金が確保された際には退社したスタッフ達が復職することが可能であると伝えています。

レイオフが行われた詳細な経緯やその規模は明らかにされていませんが、Electronic Artsの環境アーティストSteve Huang氏はTwitter上にて2人の元スタッフから情報を聞いたとして、Slant Sixのほぼ全員がレイオフの対象になったともツイート。一時的な解雇(Temporary)は最良のシナリオだとも発言しており、今後スタジオが歩んでいく方向に関して続報が待たれるところとなっています。

昨年発売した『バイオハザード ORC』が海外メディア勢より低い評価にて迎えられ、同年6月にはスタジオの4分の1がレイオフされたSlant Sixですが、その際には開発チームの規模は70人程度であることが明らかにされていました。同スタジオでは新規IP『Strata Scavenger』が開発中で、2013年内のリリースが目標とされています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

    【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  2. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

    閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  3. 【闘会議2015】前代未聞の筋トレ用アニメ「いっしょにとれーにんぐ」がゲーム化か?制作会社が開発者を募集

    【闘会議2015】前代未聞の筋トレ用アニメ「いっしょにとれーにんぐ」がゲーム化か?制作会社が開発者を募集

  4. アトラス好調で5期連続赤字から黒字転換・・・インデックスの2012年8月期業績

  5. 【週間売上ランキング】PS3『グランド・セフト・オートIV』が1位(10月27日〜11月2日) [順位訂正]

  6. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  7. スクウェア・エニックス、800名を仮想空間に招待して、新作発表会を開催

  8. 任天堂、業績不振の要因は? 欧米市場での苦戦が赤字を拡大

  9. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  10. 【GFF 2007】 「福岡クリエイターズサミット」豪華な面々が集結(3) 訂正

アクセスランキングをもっと見る