人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード ORC』開発Slant Sixにて一時解雇のレイオフ実施、ほぼ全員が対象との情報も

『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』や『SOCOM』シリーズの開発元として知られるカナダのスタジオSlant Six Gamesにて、一時解雇の形でレイオフが実施されたことが明らかにされました。Slant Sixが海外サイトGames Industryに対し公式声明にて伝えています。

ゲームビジネス 人材
『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』や『SOCOM』シリーズの開発元として知られるカナダのスタジオSlant Six Gamesにて、一時解雇の形でレイオフが実施されたことが明らかにされました。Slant Sixが海外サイトGames Industryに対し公式声明にて伝えています。

Slant Sixは公式声明の中にて、「新たなビジネスを交渉する一方で、チームのサイズを縮小し内部の操業コストを減少させることは必要不可欠」であるとコメント。またSlant Six側は今回のレイオフは一時解雇(Temporary Layoffs)であると強調しており、新たなプロジェクトや資金が確保された際には退社したスタッフ達が復職することが可能であると伝えています。

レイオフが行われた詳細な経緯やその規模は明らかにされていませんが、Electronic Artsの環境アーティストSteve Huang氏はTwitter上にて2人の元スタッフから情報を聞いたとして、Slant Sixのほぼ全員がレイオフの対象になったともツイート。一時的な解雇(Temporary)は最良のシナリオだとも発言しており、今後スタジオが歩んでいく方向に関して続報が待たれるところとなっています。

昨年発売した『バイオハザード ORC』が海外メディア勢より低い評価にて迎えられ、同年6月にはスタジオの4分の1がレイオフされたSlant Sixですが、その際には開発チームの規模は70人程度であることが明らかにされていました。同スタジオでは新規IP『Strata Scavenger』が開発中で、2013年内のリリースが目標とされています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  2. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 2018年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. VRミステリーADV『東京クロノス』TGS 2018への出展が決定─石川由依さん、木戸衣吹さんが出演するステージイベントも開催

  5. 【GDC 2013 報告会】初のサミット開催、ストーリーとナラティブの違いとは?・・・簗瀬洋平氏

  6. グリー、『探検ドリランド』の不正ユーザーはアカウント停止も

  7. 【CEDEC 2011】女性視点でのゲーム運営 ― 『農園ホッコリーナ』がモバゲー女性ランキング1位になった理由

  8. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 【CEDEC 2008】『FF XI』の中身を探る。ゲームを作る4つのブロック

アクセスランキングをもっと見る