人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島最深部「死街地」とその主「ダイモーン」の情報が公開

ソニー PS3

死街地
  • 死街地
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島最深部「死街地」とその主「ダイモーン」の情報が公開
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島最深部「死街地」とその主「ダイモーン」の情報が公開
  • ダイモーン
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島最深部「死街地」とその主「ダイモーン」の情報が公開
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島最深部「死街地」とその主「ダイモーン」の情報が公開
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島最深部「死街地」とその主「ダイモーン」の情報が公開
  • 『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島最深部「死街地」とその主「ダイモーン」の情報が公開
カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の最新情報を公開しました。

今回公開されたのは、黒呪島の最深部に存在する「死街地」です。ここは覚者達が数多の困難を乗り越え、到達した最終地点。 黒呪島の最深部に位置し、“死街地”と呼ばれる呪われし場所。 家や小屋が建ち並んでいるが、若干灯りが燈るのみで人の気配は無く、只々不気味で異様な雰囲気を醸し出しています。この地で一体何が起こったのか、そして“死街地”が意図するものとは何か。全てが謎に満ちています。 荒廃した軒並み、その傍らには白骨化した人間らしき死骸が散在しています。

荒廃したこの地の奥へ歩を進めると、遺跡のような巨大な建物に辿り着きます扉の先には一体何が待ち受けているのでしょうか。

闇の王「ダイモーン」は黒呪島の主ともいうべき存在。 その姿は悪魔そのものであり、秘めたる力は計り知れないものがあります。この島の謎、そしてドラゴンと深い関わりがあるようですが・・・ ?

「ダイモーン」は闇の王と呼ぶにふさわしい圧倒的な力をもって覚者の眼前に君臨します。覚者の何倍もの体格で地上戦、そして両翼を用いた空中戦を仕掛けてきます。胸にドラゴンのような顔を確認できますが、何か因縁があるのでしょうか?

巨躯から繰り出される数々の体術は、恐るべき破壊力を誇ります。 大地を揺るがす程の物理攻撃は想像をはるかに上回る威力。 致命的な一撃になることは必至です。さらに体術のみではなく、魔法による攻撃も仕掛けてきます。

その魔力も他者を圧倒する威力を誇ります。物理・魔法攻撃といった多彩な技に加え、隙のない身ごなしと強靭な体を併せ持つ、まさに完全無比なモンスター。 黒呪島を探索して得た知識、技を全て駆使し、立ち向かいましょう。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は4月25日発売予定。価格は通常版が4,990円(税込)、「LIMITED EDITION」が9,990円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2012, 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボモンスター「ベヒーモス」の実機プレイ映像が初公開!強靭な魔獣の攻略方法とは…

    『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボモンスター「ベヒーモス」の実機プレイ映像が初公開!強靭な魔獣の攻略方法とは…

  2. 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

    約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

  3. 『モンハン:ワールド』8月2日より新価格になって発売!狩りに欠かせないハンドブック同梱版も登場

    『モンハン:ワールド』8月2日より新価格になって発売!狩りに欠かせないハンドブック同梱版も登場

  4. 『モンハン:ワールド』追加モンスター“ベヒーモス”配信予定日が明らかに―“竜騎士”イメージの操虫棍&防具も登場

  5. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【納涼の宴】開催!受付嬢たちが水着姿でお出迎え

  6. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  7. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  8. 『フォートナイト』シーズン5で世界が衝突!新マップ「砂漠」や乗り物も追加されるv5.0パッチノート

  9. 通常版PS4でもヌルヌル動くオープンワールドサバイバル『Conan Exiles』ゲームプレイ映像が公開!

  10. 『夏色ハイスクル★青春白書(略)』親友候補から不登校まで、青春を共に過ごすクラスメイト15名公開

アクセスランキングをもっと見る