人生にゲームをプラスするメディア

3DSやスマートフォンから3D画像を投稿・共有できるサービス「pupie 3D」のβ版がオープン

TINAMIはニンテンドー3DSやスマートフォンなどから3Dの写真やイラストといった立体静止画(3D画像)を共有する新サービス「pupie 3D」のβ版をオープンしました。

任天堂 3DS
pupie 3Dのトップページ
  • pupie 3Dのトップページ
  • pupie 3Dのロゴマーク
TINAMIはニンテンドー3DSやスマートフォンなどから3Dの写真やイラストといった立体静止画(3D画像)を共有する新サービス「pupie 3D」のβ版をオープンしました。

●3DSとの連動
このサービスは従来のPC・スマートフォンで観覧・投稿できるだけではなく、裸眼立体視ディスプレイを備えたニンテンドー3DS向けに専用ページが用意されています。それにより、ニンテンドー3DSのカメラで撮影した3D写真を手軽に投稿でき、各写真ページにあるQRコードをニンテンドー3DSのカメラにて読み込むことで、見たい写真を3DSでダイレクトアクセスすることもできます。

●多種多様な形式に対応
MPOフォーマットやステレオJPEGをはじめとした立体(ステレオ)写真の各種汎用データによる投稿ができるほか、L・R用のJPEG画像ファイルを2枚用意することで、自動的に立体写真として投稿する機能も備えています。

●観覧方法な様々
閲覧についても、各種立体視に対応しており、2D(平面)表示、ゆらゆら立体視(wiggle stereoscopy)、アナグリフ(赤青メガネを用いる方法)、平行法、交差法と多彩な立体視を用意しています。

●Twitterとも連携
投稿した、投稿されたデータはタイムラインを通じてTwitter上で気軽に観覧でき、Twitterの画像共有サービスと同じ使い勝手で立体写真を活用できます。

●pupie 3D概要
立体写真(3D画像)の投稿
・MPOフォーマット
・JPS(ステレオJPEG)フォーマット
・L/R それぞれのJPEGファイル計2枚
※3DSからはMPOのみ投稿可能

閲覧機能
・2D(平面)
・ゆらゆら(wiggle stereoscopy)
・アナグリフ(赤青)
・平行法
・交差法
※3DSからはMPOのみ閲覧可能

その他機能
・お気に入り
・投稿管理
・立体写真一覧(タグで絞込み)

現在はβ版として「pupie 3D」のウェブサイトを介した投稿・閲覧のみに対応していますが、Twitterクライアントや他サービスとの連携を考慮し、近日中にAPIも公開が予定されています。またFacebookアカウントを利用したログインにも近日中に対応予定されます。

(C)TINAMI
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  5. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  8. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  9. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る