人生にゲームをプラスするメディア

『モンハン4』『逆転5』『ポケモンX・Y』など、期待の新作が早くもパンフレットで紹介

現在店頭で配布されているニンテンドー3DS向けのパンフレットを手に入れたので紹介します。

任天堂 3DS
チラシの表紙
  • チラシの表紙
  • 『モンスターハンター4』のページ
  • 『真・女神転生4』と『逆転裁判5』のページ
  • 『スーパーロボット大戦UX』のページ
  • 『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』のページ
  • 『ルイージマンション』のページ
  • 『ポケットモンスターX』、『ポケットモンスターY』のページ
  • 3DSのページ
現在店頭で配布されているニンテンドー3DS向けのパンフレットを手に入れたので紹介します。

表紙にはこれから発売されるものから、既に発売中のものまで、人気ソフト7タイトルが描かれており、ページを捲るとカプコンの『モンスターハンター4』の紹介ページが。今夏に予定される本作の特徴である「高低差のあるフィールド」、「新たな武器」、「新たなモンスター」が前面に打ち出された内容となっています。

次のページは5月に発売されるインデックスの『真・女神転生4』。派生作品の多い『真・女神転生』シリーズですが、この『真・女神転生4』は『真・女神転生』シリーズから10年ぶりのナンバリングタイトルです。

その横は年内発売予定のカプコンの『逆転裁判5』。本作から裁判は3D表示となり、3DSとの相性は『レントンVS逆転裁判』と同じく抜群。今回は成歩堂龍一と王泥喜法介の2人の主人公が登場します。

次のページは3ページに亘り、3月に発売された『スーパーロボット大戦UX』と『Castlevania -Lords of Shadow- 宿命の魔鏡』、そして『ルイージマンション2』の紹介ページです。

そして10月に発売される『ポケットモンスター』シリーズ最新作である『ポケットモンスターX』と『ポケットモンスターY』がドン!と載っています。

最後は3DSと3DS LLの紹介ページで豊富なカラーバリエーションが紹介されています。

どのタイトルも新要素が強いものでレーティングも幅広いラインナップ。任天堂ハードでは珍しい15歳以上対象のCRSO Cや17歳以上対象のCRSO Dもみられます。そして、春・夏・秋と有名タイトルが定期的にリリースされることがアピールされています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』スピリッツイベント「炎の紋章をかかげて 前編」が12月21日より開催―『FE』シリーズのキャラが大集合!

    『スマブラSP』スピリッツイベント「炎の紋章をかかげて 前編」が12月21日より開催―『FE』シリーズのキャラが大集合!

  2. 『スマブラSP』でどのコントローラーを使ってる?【読者アンケート】

    『スマブラSP』でどのコントローラーを使ってる?【読者アンケート】

  3. 『スプラトゥーン2』Ver.4.3.1はどう変わった?メイン性能アップや注目サブウェポンに大きな調整

    『スプラトゥーン2』Ver.4.3.1はどう変わった?メイン性能アップや注目サブウェポンに大きな調整

  4. ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?

  5. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  6. 『スマブラSP』読者が最初に遊んだゲームモードは?お馴染み「大乱闘」や新要素「スピリッツ」の順位を大発表!

  7. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  8. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  9. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  10. 『スプラトゥーン2』「どっちを選ぶ? ヒーロー vs ヴィラン」フェスは“ヴィラン”が野望を果たす!

アクセスランキングをもっと見る