人生にゲームをプラスするメディア

『モンハン4』『逆転5』『ポケモンX・Y』など、期待の新作が早くもパンフレットで紹介

任天堂 3DS

チラシの表紙
  • チラシの表紙
  • 『モンスターハンター4』のページ
  • 『真・女神転生4』と『逆転裁判5』のページ
  • 『スーパーロボット大戦UX』のページ
  • 『キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ』のページ
  • 『ルイージマンション』のページ
  • 『ポケットモンスターX』、『ポケットモンスターY』のページ
  • 3DSのページ
現在店頭で配布されているニンテンドー3DS向けのパンフレットを手に入れたので紹介します。

表紙にはこれから発売されるものから、既に発売中のものまで、人気ソフト7タイトルが描かれており、ページを捲るとカプコンの『モンスターハンター4』の紹介ページが。今夏に予定される本作の特徴である「高低差のあるフィールド」、「新たな武器」、「新たなモンスター」が前面に打ち出された内容となっています。

次のページは5月に発売されるインデックスの『真・女神転生4』。派生作品の多い『真・女神転生』シリーズですが、この『真・女神転生4』は『真・女神転生』シリーズから10年ぶりのナンバリングタイトルです。

その横は年内発売予定のカプコンの『逆転裁判5』。本作から裁判は3D表示となり、3DSとの相性は『レントンVS逆転裁判』と同じく抜群。今回は成歩堂龍一と王泥喜法介の2人の主人公が登場します。

次のページは3ページに亘り、3月に発売された『スーパーロボット大戦UX』と『Castlevania -Lords of Shadow- 宿命の魔鏡』、そして『ルイージマンション2』の紹介ページです。

そして10月に発売される『ポケットモンスター』シリーズ最新作である『ポケットモンスターX』と『ポケットモンスターY』がドン!と載っています。

最後は3DSと3DS LLの紹介ページで豊富なカラーバリエーションが紹介されています。

どのタイトルも新要素が強いものでレーティングも幅広いラインナップ。任天堂ハードでは珍しい15歳以上対象のCRSO Cや17歳以上対象のCRSO Dもみられます。そして、春・夏・秋と有名タイトルが定期的にリリースされることがアピールされています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 海外レビューハイスコア『マリオカート8 デラックス』

    海外レビューハイスコア『マリオカート8 デラックス』

  2. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

    『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  3. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

    任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  4. 【3DS DL販売ランキング】『ファイアーエムブレム エコーズ』首位、『おそ松さん ニート脱出スパイラル!!』初登場ランクイン(4/20)

  5. 3DS『ファイアーエムブレムエコーズ』限定版にはDLCサントラを同梱、ムービー集を収録した「VALENTIA COMPLETE」も

  6. 「一番くじ ゼルダの伝説」発売日が5月20日に決定!「目を覚まして時計」など景品ラインナップも一挙公開

  7. 3DS『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』PVが公開―アリステル篇のキャラを紹介!

  8. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」4月21日号―「星のカービィ25周年セール」開催中!

  9. 「マイニンテンドーストア」のカスタムスイッチ本体、4月21日以降に注文が再開予定

  10. 『マリオカート8 デラックス』には“サンダードリフト”は存在しない?海外検証映像

アクセスランキングをもっと見る