人生にゲームをプラスするメディア

【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)

ゲームビジネス 開発

【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
  • 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
  • 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
  • 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
  • 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
  • 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
  • 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
  • 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
  • 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)
日本発でありながらアメリカのAppStore無料アプリランキングで1位を獲得したKLabのソーシャルゲーム『ロード・オブ・ザ・ドラゴン』。2回に渡って、本作の基本部分とより高ランクを目指すためのポイントを解説していきます!

エルフやドワーフ、そしてドラゴン。映画やお伽話でしか見たことのない世界に、プレイヤーが介入できているかのような錯覚を覚える類まれな作品になっています。これは登場するキャラクターたちのバックグランドがきちんと描かれているほか、SEやイラストも非常に凝っているので想像力を掻き立てるんですよね。

ガッツリとした印象を受けるデザインですが、普段ちょこっとアプリを遊んでいるような人でも簡単に遊べる設計となっています。それでは、『ロード・オブ・ザ・ドラゴン』の世界を楽しむために基本をおさえていきましょう!

■クエストはコスト消費でサクサク進むタイプ
ヒューマン、エルフ、ドワーフ、オーガといった6つの種族から、自分の分身ともなる主人公を選びましょう。

筆者はヒューマン女を選択。
現代から転送されてきたことにしています
(勝手な裏設定)


チュートリアルではガチャで各種「ウォリアー」をもらうことができます。このガチャがまずプレイヤーにとって初めての驚きになることでしょう。パンドラの箱を開けたかのような映画的演出に、筆者も思わず「おぉっ」となったものです。

ウォリアーを手に入れたらクエストから冒険に出かけましょう。

減少した行動力は30秒ごとに1回復します


いわゆるコスト消費をして進軍していくタイプの操作感で、クエスト中にはアイテムを拾うことや「アンデット」「ミュータント」「アニマル」といった様々な種族が襲いかかってくることがあります。

■襲われてしまった!でも、運が良ければ仲間になってくれることも
クエスト中には突然何者かが襲ってきたり、ステージBOSSが待ち受けていたりします。面白いのが倒すことができると、「ウォリアーチャンス」といってランダムで仲間になってくれることがあるんです。

「契約の聖印」は必ず説得が成功する課金アイテム


■軍団という概念、統率を取るリーダーを5人選ぼうl
クエストから帰ったら、まずは仲間になってくれた「ウォリアー」を配置しましょう。本作は軍団という概念があるので、いわゆるソーシャル系カードゲームのようなスタメン的な概念はありません。無尽蔵に仲間が増えていき、増えれば増えるほど軍団の攻撃力や防御力が強力なものになっています。

しかしながら、プレイヤーの特徴が現れるのがこのウォリアー配置。「攻撃ウォリアー」「防御ウォリアー」どちらを増やしていくかでそれぞれボーナスが加算されるので、自分がなりたいスタイルを想像して配置していきましょう。配置したら次は強化、入手した経験の書を使ってウォリアーを強くしていきます。

筆者は上位ウォリアーに防御特化が多いので攻撃寄りに配置しています


そして、トップページからは軍団のリーダーを5人選出することができます。これは選んだウォリアーの攻撃力や防御力に依存してボーナスがつくので、ガンガン行きたい時には攻撃力が高い5人を選び、のちほど話ますがバトルで負けたくない時には防御力が高い5人を配置します。

■バトルで秘宝を奪い合えば課金アイテムが手に入ることも
バトルでは「バトルポイント」を消費して攻撃を仕掛けることができます。欲しい秘宝を選択してプレイヤーリストを見ながら勝てそうな相手に攻撃をしましょう。ここで役に立ってくるのがウォリアー配置の知識、経験から「このプレイヤーは攻撃力では私のほうが勝っているけど、防御配置が多いから危険そう」とか「防御ウォリアーの数は少ないけどリーダーを見ると攻撃力が高いのばっかり」などの判断ができてくると思います。バトルでは経験値や銀貨がしっかりもらえるので、「バトルポイント」がある時には是非とも果敢に攻めこんでいきたいところです。

シリーズ毎にアイテムを揃えるとレアなアイテムと交換ができます


■攻略の手助けとなる限定アイテムを期間限定でプレゼント!
ここまで覚えておけば『ロード・オブ・ザ・ドラゴン』の基本はバッチリ。さらにインサイドでは、これから本作を始めるために読者の皆様に期間限定で「ゴールドガチャの鍵」をプレゼント!ゴールドガチャでレアリティの高いカードをゲットして、ゲームを有利に進めましょう。

期間限定でアイテムをプレゼント!

■アイテム配布概要
・配布アイテム:ゴールドガチャの鍵
・効果:ゴールドガチャを1回利用可能なアイテム
・期間:3月29日~4月8日
・パスワード:インサイド0329
・入手方法:連携ページより上記パスワードを入力

ちなみに、序盤かなりハイスピードでレベルが上がり中断知らずですのでハマりすぎにはご注意を。筆者は開始時4時間ぶっ通しでやりました。来週掲載予定の後編では軍団をより洗練されたものにするコツを語っていきたいと思います。

『ロード・オブ・ザ・ドラゴン』はiOS/Android対応で、無料で遊ぶことができます。

ロード・オブ・ザ・ドラゴン - KLab Global Pte. Ltd.   Get it on Google Play

(C) KLabGames
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  2. 【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

    【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

  3. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  4. 宮本茂氏、ゲーム開発者が選ぶヒーロー第1位に選ばれる

  5. 【CEDEC 2012】「アニメーションTA」とは!? AIとアニメの融合が生み出すキャラクターの次なるリアリティ

  6. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  7. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  8. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  9. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 自動LOD生成ミドルウェア「Simplygon」、第5世代をリリース ― 5月にデモツアー

アクセスランキングをもっと見る