人生にゲームをプラスするメディア

スクエニHD、通期は60億円の営業赤字に・・・業績予想を大幅修正、特損も計上

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス ロゴ
  • スクウェア・エニックス ロゴ
スクウェア・エニックス・ホールディングスは3月26日、平成25年3月期決算の業績予想を下方修正すると発表しました。発表によると、売上高は前回予想から50億円減の1450億円に下方修正し、営業利益は75億円の黒字予想から60億円の赤字に転落する見込み。

今回の発表によると、売上高1450億円(前回予想比50億円減)、営業損失60億円(同135億円減)、経常損失50億円(同115億円減)、当期純損失130億円(同165億円減)となっています。
※前回予想は2012年10月30日発表

大幅な減収減益の理由について、デジタルエンタテインメント事業では、欧米市場でコンシューマ向けの大型タイトルが伸び悩んだこと、アミューズメント機器事業も業績不振で低迷していることが主要因となっているということです。

また、あわせて発表された特別損失の計上といった損失計上の理由としては「昨今のゲーム事業の環境変化を踏まえ、開発方針の変更、組織体制の見直し、一部ビジネスモデルの変更等を行うこととしたため」とされています。平成25年3月期に約100億円を計上する見込みだということです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

    ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

  2. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 脳波を測定して“好みの女の子”を自動選択してくれるVRデートコンテンツ誕生

  8. 今週発売の新作ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』『閃乱カグラ Burst Re:Newal』他

  9. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  10. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

アクセスランキングをもっと見る