人生にゲームをプラスするメディア

『クライシス 3』マイク・リード氏インタビュー「Crytekにとって日本は大事な国です」

その他 全般

『クライシス 3』マイク・リード氏インタビュー「Crytekにとって日本は大事な国です」
  • 『クライシス 3』マイク・リード氏インタビュー「Crytekにとって日本は大事な国です」
  • 『クライシス 3』マイク・リード氏インタビュー「Crytekにとって日本は大事な国です」
3月7日に発売されたPlayStation 3/Xbox 360/Windows向けFPS『クライシス 3』。本タイトルの発売を記念して、スペシャルイベント「ファン感謝祭! x お疲れ、我らがプロフェット隊長!凱旋帰国イベント」が秋葉原UDXにて開催されました。

本イベントは、特設サイトから申し込みを行ったユーザーから抽選で100名が招待されるという企画で、『クライシス 3』の開発を手がけたスタジオ・Crytek社でプロデューサーを務めるマイク・リード氏や、ナノスーツに身を包んだ「プロフェット隊長」も登場しました。

イベントに先駆けて、『クライシス 3』の開発リード氏にインタビューを行うことが出来ました。

■マイク・リード氏インタビュー
―――『クライシス 3』の開発に当たり、担当された部分はどこですか?

リード氏:私は各チームの調整やコミュニケーションを行うディレクターボードに所属しています。『クライシス 3』は、大勢のメンバーがフラットな立場で開発しているので、各部門の調整を行うことが非常に大切です。また、社外との交渉も行っていました。

―――『クライシス 3』は、どのようなゲームを目指して制作されたのでしょうか。

リード氏:私たちはこれまでのシリーズでたくさんのことを学んでおり、さらに開発機材のスペックもあがっています。なので今回はできうる限り最高の作品を作ろうと思っていました。しかし、『クライシス』あるいは『クライシス 2』から引き継いだものを根底から変えるのではなく、シリーズのファンが「また『クライシス』が戻ってきたな」と感じられるような作品となるよう心がけました。ですので、いくつかの効果的な追加のほかは、大きな変更はありません。

―――『クライシス 3』のココに注目してほしい、と思いますか?

リード氏:まずゲームプレイの面では、チュートリアルの導入などで新規の方にもすんなりとプレイできるよう工夫しています。また、モードの切り替えなどがスムーズに行えてストレスを感じないと思うので、そこも見てほしいですね。『Crysis 3』をプレイすることで、普通のFPSではなく、それを超えた「何か」を感じてほしいです。特にマルチプレイヤーズモードで実感して頂けるのではないかと。

―――ストーリーの注目ポイントは何ですか。

リード氏:今回はイギリス人のスティーブン・ホールというデザイナーにお願いして、キャラクターひとりひとりの作り込みを行っています。また、俳優の姿や動きをゲームに取り入れる「パフォーマンスキャプチャー」という技術で、キャラクターに深みを持たせています。映画のような、シネマティックで豊かなストーリー性と、ゲームならではのインタラクティブ性、このふたつをどう両立していくか、それを追求していきたいと思います。

―――マルチプレイヤーズゲームの「ハンターモード」は、ハンターと通常の兵士が倒すというハンディマッチになっていますが、このようなモードを作った意図はなんでしょうか。

リード氏:ハンターモードは、マルチプレイヤーズモードの開発主任であるアダム・ダケットが、数年間に渡って暖めてきたアイデアが元になっています。少しユニークな考えですが、プレイヤーに「絶望感」を味わってほしいという意図があります。兵士側の最後のひとりになってしまった時には、絶望を感じると思いますよ。このモードについてはユーザーから多くの意見を頂いており、さらに発展させることも検討しています。

―――本作では新たなゲームエンジン「クライエンジン」が採用されていますが、このエンジンのアピールポイントを教えてください。

リード氏:クライエンジンは、社内のチームと外部のチームが協力し、長期にわたって開発を進めてきました。その結果、これまで以上に進化したクライエンジンを作り出すことが出来たと思います。

―――マーケティングについてお伺いします。先ほど「前シリーズを遊んだ方に楽しんでもらえるように」というお話がありましたが、新規のユーザーを獲得するためにどのようなプロモーションを行ったのでしょうか。

リード氏:鋭い質問ですね(笑)。これまでの『クライシス』シリーズのプロモーションは、少しまじめすぎたと思います。そこで今回は、『クライシス』の持つイメージを壊さない程度に、少しだけくだけだプロモーションを行いました。そのひとつが「スーツアップキャンペーン」です。

―――ダウンロードコンテンツなどが追加される予定はありますか?

リード氏:ゲームが発売されたばかりなので、まだ具体的に発表できるものはありません。しかし、ダウンロードコンテンツなどのコンテンツ配信には取り組んでいます。

―――シネマティックなストーリーというお話がありましたが、ハリウッドなど映画界とゲーム業界でクリエイターの交流はあるのでしょうか。

リード氏:あります。実際『クライシス 3』でもトレーラームービーを『ザ・ウォーカー』のアルバート・ヒューズに監督してもらっています。さらに『スター・トレック』などの監督を務めたJ.J.エイブラムスにも、ゲーム制作に協力してもらっています。このように、2つの世界の境界線が交わるような取り組みを、今後も続けていきたいですね。

―――最後に、日本のファンに向けてメッセージをお願いします。

リード氏:はい。では「おきまり」ではないメッセージを(笑)。『クライシス 3』をとてもよくしてくれる日本のファンには感謝しています。『クライシス 3』だけでなく、Crytekにとって日本は大事な国ですし、日本のファンに少しでも多くのエンターテイメントを提供できるよう、頑張ります。

―――ありがとうございました。
《恩田竜太郎》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 実現しなかった『ジェットセットラジオ』新作のコンセプト映像が公開!

    実現しなかった『ジェットセットラジオ』新作のコンセプト映像が公開!

  2. 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

    【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

  3. 【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

    【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

  4. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツに興味津々! 『FGO』の意外な特集の数々にも注目集まる

  5. 『FINAL FANTASY』30周年を記念する“VISA カード“を発行! 盤面はチョコボが彩るデザインに

  6. 【今日のゲーム用語】「ロールバック」とは ─ 歓迎すべき事態ではないが、必要な次善策のひとつ

  7. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  8. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  9. フロム『アーマード・コア』新作へ意欲―「このまま終わらせるつもりはない」

  10. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

アクセスランキングをもっと見る