人生にゲームをプラスするメディア

テイクツー、『Borderlands 2』約600万本の出荷本数を記録、『GTA4』『RDR』も好調

ゲームビジネス その他

テイクツー、『Borderlands 2』約600万本の出荷本数を記録、『GTA4』『RDR』も好調
  • テイクツー、『Borderlands 2』約600万本の出荷本数を記録、『GTA4』『RDR』も好調
  • テイクツー、『Borderlands 2』約600万本の出荷本数を記録、『GTA4』『RDR』も好調
Take-Twoは本日行われた2013会計年度Q3の業績報告会にて、昨年9月に発売されたGearbox SoftwareのFPS『Borderlands 2』が、600万本に近い出荷を記録したと発表しました。Take-Twoによれば、パッケージ、デジタルどちらのセールス面も強力なセールスが続いているようです。

昨年10月の終わりには500万本出荷が報告されていた同作、でさらに100万本ほどの出荷を記録したこととなります。海外レビュー集積サイトMetacriticでも90/100近いスコアをキープしており、名実共に一流タイトルの仲間入りを果たしたと言えそうです。

なおこの他にもTake-Twoのバスケットボールシリーズ『NBA 2K13』は、昨年10月の発売から約450万本セールスを記録しており、2010年の『NBA 2K11』から続くシリーズの総合売り上げは1,500万本以上に到達しているとのこと。また正確なセールス数は明らかにされていないものの、昨年リリースされたSLG『XCOM: Enemy Unknown』も商業的な成功を収めたことが伝えられています。

これらタイトルの成功が大きく影響し、2013会計年度Q3におけるTake-Twoの純収益は昨年の2億3,630万ドルから大きく成長して4億1,580万ドル。純利益は昨年の1,420万ドルから7,090万ドルへと成長しています。なおカタログセールスでは、約22%が『Grand Theft Auto IV』と『Red Dead Redemption』の純収益によるものだそうで、未だに両作の根強い人気が伺える結果となっています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

    「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

  2. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

    【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  3. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  4. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  5. USJのVRジェットコースター「XRライド」がヤバ過ぎる…レールのない空間を走り、前振りなく急落下する

  6. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  7. どんなゲーム会社に投資をしたくなるのか──PUSHパネルディスカッションレポート

  8. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  9. 【CEDEC 2010】イストピカ福島氏が語る「家庭用ゲーム開発者のソーシャルへの転身」

  10. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

アクセスランキングをもっと見る