人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、売上高は微増も大幅赤字を計上 ― ゲーム事業は依然厳しく・・・2013年第3四半期決算

ゲームビジネス 市場

スクウェア・エニックスは、2013年第3四半期の連結決算を発表しました。売上高は1027億9400万円と(前同期比で7.4%増となりましたが、営業益、経常益ともに大幅な赤字を計上しています。

発表によると、売上高は1027億9400万円(前同期比7.4%増)、営業赤字48億5300万円(前年同期は112億2000万円の利益)、経常赤字42億100万円(同95億6600万円の利益)、四半期純損失57億4500万円(同50億1300万円の利益)となっています。

セグメント別に見ると、家庭用ゲームを中心とした「デジタルエンタテインメント事業」は『戦国IXA』『ファイナルファンタジーブリゲイド』などのソーシャル・ブラウザゲームが引き続き好調で、『拡散性ミリオンアーサー』も会員数が100万人を突破するなど、新規タイトルも成長しているとのこと。また、2012年11月にサービスを開始した『ファイナルファンタジーアートニク』も1ヶ月弱で会員数が100万人を突破しているということです。また、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』の運営は堅調に推移しているということです。

ただし、家庭用ゲームでは、投資に対する収益をあげられていないのが現状。3月期に発売予定の『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』『トゥームレイダー』『KINGDOM HEARTS -HD 1.5 ReMIX-』『ファイナルファンタジーXI アドゥリンの魔境』といったタイトルで巻き返しを図ります。

「デジタルエンタテインメント事業」単体の売上高は、578億2700万円(前年同期7.7%増)、営業赤字は3億9200万円(前年同期は124億5100万円の利益)となっています。

一方、同社でデジタルエンタテインメント事業に次ぐ「アミューズメント事業」においても施設運営は堅調な推移をみせたものの、機器の不振が解消できておらず、営業赤字として3億1600万円(前年同期は23億8700万円の利益)を計上しています。

なお、今回の発表による業績の修正はありません。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  2. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  3. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

    『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

  4. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  5. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  6. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  7. 【カジュアルコネクトアメリカ2013】自社開発ゲームは赤子と同じで、自分たちの手で育てるべき・・・Kixeyeによる基調講演

  8. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

  9. 元Oculusパルマー・ラッキー氏の「何でも聞いてくれ!」セッションレポ

  10. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

アクセスランキングをもっと見る