人生にゲームをプラスするメディア

『ARMORED CORE V』の「UCR-10L AGNI」が1/72スケールのプラキットで登場

コトブキヤは、1/72スケール プラスチックキット「UCR-10L AGNI (アグニ)」を2013年5月に発売します。

その他 玩具
UCR-10L AGNI (アグニ)
  • UCR-10L AGNI (アグニ)
  • 『ARMORED CORE V』の「UCR-10L AGNI」が1/72スケールのプラキットで登場
  • 『ARMORED CORE V』の「UCR-10L AGNI」が1/72スケールのプラキットで登場
  • 『ARMORED CORE V』の「UCR-10L AGNI」が1/72スケールのプラキットで登場
  • 『ARMORED CORE V』の「UCR-10L AGNI」が1/72スケールのプラキットで登場
  • 『ARMORED CORE V』の「UCR-10L AGNI」が1/72スケールのプラキットで登場
コトブキヤは、1/72スケール プラスチックキット「UCR-10L AGNI (アグニ)」を2013年5月に発売します。

ARMORED CORE V ヴァリアブル.インフィニティ.シリーズが遂に始動、PS3/Xbox360ソフト『ARMORED CORE V』から「UCR-10L AGNI (アグニ)」が満を持して登場しました。

高密度なディテールにより生み出される重量感をプラキットにて再現。ボリュームのある付属武器は両手、両肩で4種類装備しており、スナイパーキャノン「HARICOT SC61」は「ERBSEN SC62」へ、バトルライフル「KO-2H6/STREKOZA」は「KO-2H4/PODENKA」へと、パーツの選択により2種類の形状を再現する事が可能です。

その他、中量型脚部「ULG-11 RAINIER」と軽量型脚部「ULG-10/L」を選択式で再現することが可能、腕部は肩部や前腕部の選択により「UAM-10/R」「UAM-10/L」の2種類を再現する事が出来ます。スナイパーキャノンの「構え射撃時」は設定のみ存在する展開方法を専用パーツにて再現されています。

ミリタリーモデルに多い1/72スケールでの立体化で、戦車等、各種ミリタリーモデルとのディスプレイを作り出す事が出来ます。専用ディスプレイベースが付属するとのことなので大型の武器を構えた状態でも安定したディスプレイも楽しむことができます。

なお、従来のV.I.シリーズとパーツの互換性はないので注意してください。

1/72スケール プラスチックキット「アーマード・コアV UCR-10L AGNI (アグニ)」は、2013年5月発売予定で価格は6,090円(税込)となっています。

(C)2013 NBGI (C)1997-2013 FromSoftware, Inc. All rights reserved.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

    海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  2. コナミ、デジタルコードストアで「年末年始セール」開催中―先着573名のPC『メタルギア福袋』3,000円など

  3. 『MOTHER2』とのコラボも!「ほぼ日」が創刊20周年を記念して、豪華アーティストデザインのハラマキを発表

  4. AbemaTV、大晦日に「Fate/staynight[HF]」第一章“オーディオコメンタリー版”を独占配信

  5. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

  6. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る