人生にゲームをプラスするメディア

「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】

発売から一ヶ月が経過した『モンスターハンター:ワールド』ですが、その活気は未だ衰える気配もなく、SNSなどで本作の話題を連日のように見かけます。無料アップデートによる追加モンスターの登場も、実に楽しみです。

その他 特集
「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】
  • 「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦【アンケート】

発売から一ヶ月が経過した『モンスターハンター:ワールド』ですが、その活気は未だ衰える気配もなく、SNSなどで本作の話題を連日のように見かけます。無料アップデートによる追加モンスターの登場も、実に待ち遠しいばかり。

また、本作を大いに盛り上げる一因として、現在戦えるモンスターたちも決して欠かすことのできない存在です。シリーズお馴染みのモンスターだけでなく、本作で初登場を果たした新モンスターも数多く、今日もハンターたちと激しい戦いを繰り広げています。

この新モンスターたちに注目し、先日「『モンスターハンター:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」というお題でアンケートを実施。ネタバレを考慮して序盤に出てくる新モンスターに絞っていますが、それだけでも14体もの面々が対象に。作中でも、モンスター同士が鉢合わせると激しい戦いを繰り広げることが度々ありますが、今回は人気の面でも熾烈なバトルを繰り広げています。その結果を、こちらでじっくりとご覧ください。

◆第14位:ジュラトドス(51票 1.1%)



今回、残念ながら最下位だったのは「ジュラトドス」。全体の1%程度の支持となりました。登場時のインパクトに驚かされるだけでなく、沼地で戦うためこちらのフットワークが制限されるという嬉しくないサプライズも。この戦いにくさが、不人気の一因となったのかもしれません。また見た目も、良く言えば通好み。大多数から支持を集めるとはいかなかった模様です。

◆第13位:ドスギルオス(104票 2.3%)



瘴気に満ちた場所で出会うことが多いたうえに、群れを率いることもあり、実力以上に厄介な印象もある「ドスギルオス」。厳しい場所で生き抜いてるためか見た目も険しく、また麻痺を与えてくることもあり、容易い相手ではありません。そのため、人気という意味で低めなのも納得できる話と言えるでしょう。戦う時は、瘴気対策も念頭に入れておいてください。

◆第11位:ラドバルキン(107票 2.3%)



ひときわ大きな体躯を誇る「ラドバルキン」は、骨を身にまとうのが特徴のひとつ。見た目も独特で、忘れられないデザインを持つモンスターです。あまり順位は振るいませんでしたが、重量級のモンスターはこれまでにも多く存在しているため、個としての魅力を広く訴えるまでにはいかなかったのかもしれません。

◆第11位:ドスジャグラス(107票 2.3%)



獲物を丸呑みするシーンでハンターに驚きを与えた「ドスジャグラス」。新大陸の恐ろしさを真っ先に突きつけたモンスターと言ってもいいかもしれません。本作では、ドス系の先陣を切る役目も担っており、新米ハンターに堂々と立ちはだかりますが、熟練ハンターならばむしろ与し易い相手。武器さえその手にあれば、見た目(特に捕食時)ほど恐ろしい敵ではありません。

序盤の壁として立ちはだかった“アイツ”が早くも登場!
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  2. 『スマブラSP』や『ポケモン ピカ・ブイ』にも使える! ペイパルの“500円クーポン”でDLソフトをお得にゲット

  3. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

  4. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

アクセスランキングをもっと見る