人生にゲームをプラスするメディア

米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

英語圏最大のゲーム開発者向け情報サイト Gamasutra が報じた、2012 年のゲーム業界人 50 選 に日本企業からはモノリスソフトの高橋哲哉氏と小島幸氏、Active Gaming Media のイバイ・アメストイ氏、カプコンの小野義徳氏が選出されています。

ゲームビジネス 人材
Gamasutraの記事
  • Gamasutraの記事
英語圏最大のゲーム開発者向け情報サイト Gamasutra が報じた、2012 年のゲーム業界人 50 選 に日本企業からは 3 社 4 名の方が選出されました。

同記事では、2012 年にゲーム産業のさまざまな分野において革新や変化をもたらした人物を 50 人選出し、その功績を紹介するものです。50 人の中には Unity Technologies 社の Joachim Ante 氏らと並び、日本からゲームデザイン部門でモノリスソフトの高橋哲哉氏と小島幸氏、ビジネス部門で Active Gaming Media のイバイ・アメストイ氏、Evangelism(直訳で "熱心な活動")部門でカプコンの小野義徳氏が選出されています。

ゲームデザイン部門で選出されたモノリスソフトの両氏は『Xenoblade』(ゼノブレイド)において、従来の JRPG という枠の中で作りこむのではなく、現世代タイトルとして求められる要素に対して前向きに変更を加えたことで、JRPG というジャンルの新たな可能性を示したことが評価されています。

ビジネス部門での選出となった Active Gaming Media のイバイ・アメストイ氏は、創業以来ローカライゼーションエージェンシーとして活動してきた同社が立ち上げたインディーゲームのデジタル配信プラットフォーム、Playism が評価されての選出となりました。同社は PLAYISM を通じて英語圏へは日本語のインディーゲームを、日本語圏へは他言語のタイトルを配信しており、熱心なインディーゲムファンならばよく知られたプラットフォームとなりました。なおアメストイ氏は Gamebusiness.jp にも言語と文化の壁に関する記事を寄稿されています。

そして本年は "熱心な活動" で選出されたカプコンの小野義徳氏。昨年度も『ストリートファイター』シリーズの再生を果たした功績からゲームデザイン部門で選出されていました。本年の選出は、厳しい健康上の問題を乗り越えた後に Eurogamer 誌に語ったインタビューの内容と、氏の勇気ある発言について賞賛するものでした。

日本企業からの選出者だけでも実にさまざまな功績が選出の基準となっていますね。なお原文のページでは、この他にも Valve からインディーゲームスタジオまで、実に様々な方が功績に対するコメント付きで選出されています。
《矢澤竜太》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今年のテーマは「GAME」をイメージ!桑沢デザイン研究所の文化祭!『桑沢祭ファッションショー'09』レポート

    今年のテーマは「GAME」をイメージ!桑沢デザイン研究所の文化祭!『桑沢祭ファッションショー'09』レポート

  2. 誰もが海外にゲームを発信できる時代だからこそ、その可能性を議論し知見を共有する・・・SIG-INDIE09レポート

    誰もが海外にゲームを発信できる時代だからこそ、その可能性を議論し知見を共有する・・・SIG-INDIE09レポート

  3. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  4. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  5. 2018年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. オンライン対戦実装の『ソーセージレジェンド』バージョン2.0をプレイ―全世界の剣(ソーセージ)とその身を賭けて戦え!【TGS2018】

  7. 『喧嘩番長3〜全国制覇〜』の海外タイトルがファン投票で決定

  8. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  9. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  10. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

アクセスランキングをもっと見る