人生にゲームをプラスするメディア

【PlayStation Awards 2012】『BIOHAZARD 6』ゴールドとは言わずにプラチナプライズを!・・・カプコン小林氏

ソニー PS3

エグゼクティブプロデューサーの小林裕幸氏
  • エグゼクティブプロデューサーの小林裕幸氏
  • 左:小林裕幸氏<br>右:平林良章氏
  • トロフィーと盾が贈られた
  • 【PlayStation Awards 2012】『BIOHAZARD 6』ゴールドとは言わずにプラチナプライズを!・・・カプコン小林氏
  • 【PlayStation Awards 2012】『BIOHAZARD 6』ゴールドとは言わずにプラチナプライズを!・・・カプコン小林氏
  • 【PlayStation Awards 2012】『BIOHAZARD 6』ゴールドとは言わずにプラチナプライズを!・・・カプコン小林氏
今年10月4日の発売から、わずか2ヶ月弱でゴールドプライズ賞を受賞した『BIOHAZARD 6』。受賞式にはエグゼクティブプロデューサーの小林裕幸氏、プロデューサーの平林良章氏が登壇し、小林氏から受賞についてコメントがありました。

「緊張して表情が硬いかもしれませんが、大変嬉しいです。登壇予定だったディレクターの佐々木は急遽海外出張が入ってしまいましたが、彼も喜んでいると思います。そして大阪の『BIOHAZARD 6』開発メンバー、外部の開発に協力して頂いた皆さんも、きっと喜んでいることと思います。本作の開発には3年強、色々なことがありましたが、頑張って作ってきたスタッフの力だと思っています。そして、このゲームを販売したマーケテイングセールスのカプコンのみんなも本当に喜んでいると思います」

「先ほどユーザーズチョイス賞も受賞しましたが、ユーザーの皆様あってこその受賞だと思っています。今、アクティブに本作を遊んでいる皆さんは、RESIDENT EVIL.NETという新たな試みをもった仕組みで遊んでいただいていると思います。また、今月はパッチで更なる遊びを提供したいと思っています。今後も『BIOHAZARD 6』をさらに展開していきたいと思います。さらに多くの皆さんに遊んでもらうためにも、ゴールドといわずにプラチナプライズ目指して頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。ありがとうございました」
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS4版『ドラクエXI』をPS Vitaのリモートプレイで遊ぶ映像―PS4版独自の要素「マジスロ」のシーンも

    PS4版『ドラクエXI』をPS Vitaのリモートプレイで遊ぶ映像―PS4版独自の要素「マジスロ」のシーンも

  2. 【読者アンケート】『ドラクエ XI』、PS4と3DSどっちを買う?

    【読者アンケート】『ドラクエ XI』、PS4と3DSどっちを買う?

  3. 【特集】アークシステムワークス石渡太輔氏インタビュー「格闘ゲームは世界平和のひとつ」

    【特集】アークシステムワークス石渡太輔氏インタビュー「格闘ゲームは世界平和のひとつ」

  4. 【レポート】ポリフォニー・デジタルのスタジオ見学ツアーレポ!あの精密3Dモデルの制作過程も

  5. 『モンスターハンター:ワールド』武器14種の紹介動画が登場─シームレスな世界を舞台に各武器をお披露目

  6. 『旋光の輪舞2』最新PV公開! より強力になった弾幕やボスを映像でお披露目

  7. 『ドラクエXI』名前入力は6文字まで、3DS版では「時渡りの迷宮」で“ロンダルキアの洞窟”にも行ける

  8. 『ペルソナ5』ジョーカーがfigma化―もちろん相棒「モルガナ」も付属!

  9. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  10. 『鉄拳7』に『餓狼伝説』の「ギース・ハワード」参戦!―迫真のトレイラー映像

アクセスランキングをもっと見る