人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uの『ニンテンドーeショップ』からゲームをダウンロードしてみた ― 気になる仕様も紹介

任天堂 Wii U

購入画面
  • 購入画面
  • 金額に問題がなければPurchaseをタッチ
  • 購入完了!ダウンロードは自動で開始される旨が表示されました
  • Download Management画面
  • ダウンロード完了後にDownload Managementを開くと、手動でインストールするように促されます
  • ダウンロードとインストールは同時に実行できます
  • インストールを開始すると予想時間が表示される。実際には表示より早かった
  • これでWii Uメニュー画面にゲームのアイコンが登場します
Wii Uの『ニンテンドーeショップ』では、インディーズメーカーのゲームをダウンロードすることができます。北米版では5つのダウンロード専売タイトルがラインナップされています。

日本版ではこれらのタイトルの扱いは不明。現時点ではWii Uソフトのダウンロードや追加コンテンツなどが利用可能となっているとのことです。とにかくせっかくの北米版なので早速ダウンロードをしてみました。

ソフトの購入についてはクレジットカードで決められた金額を選んで入金するか、ニンテンドープリペイドカードからチャージすることで可能になります。ちなみに日本のクレジットカードは決済時にエラーが出てしまい使用することができませんでしたので、北米のニンテンドープリペイドカードを使用してチャージしました。

購入までは簡単で、「Purchase(購入)」ボタンをタッチし、注意が表示された後は、バックグラウンドでダウンロードが開始されます。ダウンロードの進行状況はHOMEボタンを押すと表示される「Download Manager」から確認することができます。ちなみに、HOMEボタンを押して表示されるアプリについては、現在起動中のソフトを停止させることなく利用可能です。

回線の関係で、ダウンロードに多少時間はかかりましたが、自宅で光回線などを使用していれば、そこまで待つことなくダウンロードが完了すると思われます。

購入と同時に随時バックグラウンドでダウンロードが開始され、インストールの際にはDownload Managementを開きインストールしたいゲームを選択していきます。この間も、eショップを閲覧したり、ゲームで遊ぶことが可能です。ちなみに、インストールとダウンロードは並行して実行可能です。

インストール時間は、容量が526MBの『Mighty Switch Force HD』で5分弱。88MBの『Nano Assalt Neo』は1~2分程度で終了しました。その他のダウンロード専売タイトルの容量は『Little Inferno』が116MB、『Chasing Aurora』が104MBなどとなっています。

早速『Nano Assalt Neo』を遊んでみましたので、その模様はこちらからご覧ください。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

  2. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

    『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

  7. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  8. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  9. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  10. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

アクセスランキングをもっと見る