人生にゲームをプラスするメディア

『とびだせ どうぶつの森』3D写真が手軽に撮影可能、ダウンロード版の必要容量もチェック

任天堂 3DS

『とびだせ どうぶつの森』3D写真が手軽に撮影可能、ダウンロード版の必要容量もチェック
  • 『とびだせ どうぶつの森』3D写真が手軽に撮影可能、ダウンロード版の必要容量もチェック
任天堂より11月8日発売予定のニンテンドー3DSソフト『とびだせ どうぶつの森』。毎日遊ぶゲームは携帯ゲーム機と相性がよく、今回3DSソフトのダウンロード版を初めて購入するという方は多いのではないでしょうか。必要容量が明らかになりましたのでチェックしてみましょう。

『とびだせ どうぶつの森』のダウンロード版はダウンロードに8192ブロック使用、SDカードの空き容量は1GB必要になります。本体付属のSDメモリーカードは4GB(もしくは2GB)ですので、予め空き容量が十分なSDメモリーカードを用意しておくことをオススメします。

参考までに、任天堂が最近ダウンロード販売した新作ソフトの必要容量をまとめました。ソフトによって容量がかなり異なり、ダウンロード版を購入する際は事前のチェックが不可欠と言ってよいでしょう。

■必要容量一覧
・New スーパーマリオブラザーズ2:2950ブロック(370MB)
・東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング:1600ブロック(200MB)
・新 絵心教室:4050ブロック(506MB)
・わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!:10553ブロック(1.5GB)
・とびだせ どうぶつの森:8192ブロック(1GB)

特に『とびだせ どうぶつの森』の場合、ゲームデータ以外にも3D写真撮影機能が搭載されていますので、写真を沢山撮っていくと空き容量がどんどん減っていきます。この機に大容量SDメモリーカードを買うのもありかもしれませんね。

『とびだせ どうぶつの森』公式Twitterでは、さっそくゲーム中で撮影した写真を投稿しています。




『とびだせ どうぶつの森』は11月8日発売予定。価格は通常版が4800円(税込)、「とびだせ どうぶつの森 パック」が2万2800円(税込)です。

(C)2012 Nintendo
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  7. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  8. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  10. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

アクセスランキングをもっと見る