人生にゲームをプラスするメディア

『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『デジモンアドベンチャー』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
  • 『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
  • 『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
  • 『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
  • 『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
  • 『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
  • 『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
  • 『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
  • 『デジモンアドベンチャー』情報解禁 ― アニメの名シーンをPSPで忠実再現
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『デジモンアドベンチャー』の最新情報を公開しました。

TVアニメ「デジモンアドベンチャー」は、携帯ゲーム機「デジタルモンスター」をモチーフに、異世界デジモンワールドへ突如として放り出された子供たちが、現実世界へ帰るための冒険をくりひろげる作品。1999年に放送され、その後シリーズ化されていきますが、物語のなかで少しずつ明かされる子供たちの過去や抱える家族問題、そして異世界へ迷い込んだ理由など、巧みな伏線が随所に張りめぐらされており、大人も楽しめる工夫が多く盛り込まれた内容となっています。

そんな魅力的な冒険物語が、PSPソフト『デジモンアドベンチャー』としてドラマチックRPG化されることが決定。開発は中祐司氏ひきいる「プロペ」が担当しています。

今回、アニメでも主人公を務めた「八神太一」(CV:藤田淑子)とパートナーデジモン「アグモン」(CV:坂本千夏)のイラストが公開されました。

太一は、勉強は苦手でも運動なら大得意な体育会系の少年。ときにはムチャをして失敗することもありますが、決してくじけることなく、持ち前の勇気と行動力で仲間たちをグイグイひっぱっていきます。パートナーのアグモンは、二足歩行のハ虫類型デジモン。太一ゆずりの(?)突進型の性格で、太一を守るためなら無謀な戦いをしかけることもしばしば。でも普段はのびのびと屈託がありません。

またゲーム画面も多数解禁。突如異世界へと迷いこんだ太一と、そこで暮らす生命体デジモンとの運命の出会いのシーンのほか、デジモン進化の様子、フィールド移動画面、戦闘シーン、会話シーンなどが公開されました。ゲーム中ではアニメであった様々な名シーンが登場する模様。デジモンアドベンチャーの世界を自分の手で体験してみてください。

『デジモンアドベンチャー』は、2013年発売予定で価格は未定です。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
(C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

    『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  3. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテストを世界4地域で開催─今度はオトモ装備も応募可能ニャ!

    『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテストを世界4地域で開催─今度はオトモ装備も応募可能ニャ!

  4. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

  5. Amazon、PS4本体1,000円引きクーポンが付属したカタログ無料配信!大バンバン振る舞いキャンペーンと併用でもっとお得

  6. 「龍が如くスタジオ」× 木村拓哉のリーガルサスペンスが展開!『JUDGE EYES:死神の遺言』12月13日発売決定

  7. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  8. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  9. 「プレステクラシック」の収録内容って綺麗過ぎじゃない?―僕らが欲しかった名作奇作の数々【特集】

  10. 『キングダム ハーツIII』、「アナ雪」とイェン・シッドが待つ「不思議な塔」ワールド情報!元XIII機関メンバーの姿も

アクセスランキングをもっと見る