人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】スマホで一騎当千!・・・コーエーテクモも『真・三國無双 SLASH』を体験

モバイル・スマートフォン iPhone

【TGS 2012】スマホで一騎当千!・・・コーエーテクモも『真・三國無双 SLASH』を体験
  • 【TGS 2012】スマホで一騎当千!・・・コーエーテクモも『真・三國無双 SLASH』を体験
  • 【TGS 2012】スマホで一騎当千!・・・コーエーテクモも『真・三國無双 SLASH』を体験
  • 【TGS 2012】スマホで一騎当千!・・・コーエーテクモも『真・三國無双 SLASH』を体験
  • 【TGS 2012】スマホで一騎当千!・・・コーエーテクモも『真・三國無双 SLASH』を体験
  • 【TGS 2012】スマホで一騎当千!・・・コーエーテクモも『真・三國無双 SLASH』を体験
  • 【TGS 2012】スマホで一騎当千!・・・コーエーテクモも『真・三國無双 SLASH』を体験
コーエーテクモの「無双」シリーズもかなりソーシャルゲーム化されてきましたが、先日さらに無双シリーズの新作ソーシャルゲーム『真・三國無双 SLASH』が発表されました。しかもこれまでのようにシミュレーション型のゲームではなく純然たるアクションゲームで、当初よりスマートフォン向けに開発されているとのこと。早速コーエーテクモブースでプレイアブル出展されていたので試遊してみました。

なお、ブースでは同タイトルのPVも公開されています。これを見る限りではコンソール版の無双と同様にかなり爽快なアクションが楽しめるようです。

先にレポートした『METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS』のように完全に3Dです。しかもプレイを始める前に男性武将か女性武将かを選んで体のパーツを選択し、自分のキャラクターを細かくカスタマイズできる機能もあります。

端末を横向きにすると画面も横長になります。これは便利!無双は広いマップから複数の敵が来るため、縦長よりも横長の画面の方がプレイしやすいかもしれません。

そしてアクションがいちいち派手。敵を攻撃するときにキャラクターがクルっと回って剣を振り下ろしたり、敵も回転しながらダウンしたりと確かに”無双っぽい”モーションです。しかし操作自体はとても楽で、基本的にタップとフリックで何でもできます。

基本的なゲームの流れは、マップ上の各ステージをクリアしてレベルを上げ、報酬をGETしたりガチャを回したりといったもので、システム自体はソーシャルゲームそのものです。武器などのアイテムにはレアなものとそうでないものの”レアリティ”が設定されています。

提供プラットフォームはGREEで配信開始は今秋を予定しているとのこと。事前登録をしておくと正式サービス後に特典として夏侯惇スーパーレアプラスな武器「地・黄龍牙刀」が貰えあす。こうなると今秋から来年にかけてGREEにはフル3Dの次世代型ソーシャルゲームが多数出揃いそうですね。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズレン』高難易度クエスト攻略のススメ!―第11章&新ハードステージクリアのために準備すべき五箇条とは?

    『アズレン』高難易度クエスト攻略のススメ!―第11章&新ハードステージクリアのために準備すべき五箇条とは?

  2. 『ハリー・ポッター:ホグワーツの謎』国内モバイル配信開始ーホグワーツの生徒になって魔法界を楽しめる!

    『ハリー・ポッター:ホグワーツの謎』国内モバイル配信開始ーホグワーツの生徒になって魔法界を楽しめる!

  3. 『アズールレーン』が新宿メトロプロムナードをジャック!期間限定で「明石の誤発注マスク」も配布

    『アズールレーン』が新宿メトロプロムナードをジャック!期間限定で「明石の誤発注マスク」も配布

  4. iOS/Android『PUBG MOBILE』5月中旬より国内配信開始!事前登録でゲーム内アイテムが貰える

  5. 『アズールレーン』「一番早く再登場して欲しい期間限定艦は誰?」結果発表―旗艦向きの艦に票が集中!でも1位は・・・【読者アンケート】

  6. 『コトダマン』GW特別イベントが一挙大公開―日替わり“しょうかん”や新★5降臨クエストなど盛りだくさん!

  7. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

  8. 『アズールレーン』駆逐艦「不知火」の改造実装が決定!「夕暮」「白露」の着せ替えメイド衣装も公開

  9. 『FGO』×「Fate/Apocrypha」スペシャルイベント開幕直前キャンペーンを実施!ピックアップ召喚も

  10. 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は「原点回帰」―坂上P、高山氏に誕生のきっかけやキャラクターデザインの意図を訊いてみた

アクセスランキングをもっと見る