人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】高速ランからのスロー斬撃が壮快『METAL GEAR RISING』プレイレポ

『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』雷電が主役のスピンオフとして正式発表されたのは、なんと2009年のE3でした。ゲームデザインや開発陣、タイトルの変更、さらに直近ではプラットフォームの変更など、これまでの3年以上の開発期間に、ほんとうに様々なことがありました。

ソニー PS3
【TGS 2012】高速ランからのスロー斬撃が壮快『METAL GEAR RISING』プレイレポ
  • 【TGS 2012】高速ランからのスロー斬撃が壮快『METAL GEAR RISING』プレイレポ
東京ゲームショウでプレイアブル出展された『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』。雷電が主役のスピンオフとして正式発表されたのは、なんと2009年のE3でした。ゲームデザインや開発陣、タイトルの変更、さらに直近ではプラットフォームの変更など、これまでの3年以上の開発期間に、ほんとうに様々なことがありました。

それらを考慮すれば、必然的に不安の声も挙がってくるもの。ただ実際プレイしてみた率直な感想は「これは“メタルギア”ではないが、すごくいい」。

本作で大きくフィーチャーされているのが「自由切断」。右スティックを使って好きな角度で斬ることができる、という特徴は周知の通りですが、体験した感想は、その特徴以上に「緩急のメリハリが半端無いハイスピードアクション」というものでした。

ハイスピード「ニンジャラン」→ スロー演出「斬撃モード」 → 包丁捌きのような高速ザクザク「刀を振る」→ そこから敵の肝を抜き取る「奪」。この一連の動作における緩急が壮快感に大きく貢献しています。自由切断がもっと上手く扱えるようになれば、さらにアクションゲームとしての旨味を感じられるはず。

TGSトレイラーではこれらのアクションシーンも多く見ることができます。



プレイは最後にボスとして「LQ-84i」が登場。ステージイベントでも菊池さんが触れていましたが、こいつが本当に強い! ステージイベントでのアドバイスをふまえ、イージーでプレイしながら倒すまでにかなり苦労しました。東京ゲームショウの限られた時間でボスを倒すためには「イージー設定&カットシーンSKIP」は必要かも。プラチナゲームズの稲葉氏も難易度については言及しており、最終的には幅広いユーザーが遊べる難易度が用意されるのでは。

『メタルギア ライジング リベンジェンス』は、PlayStation 3で、2013年2月21日に発売予定です。
《Game*Spark》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. EA×コエテクのAAA級狩りACT『WILD HEARTS』初公開トレイラー!発売日は2023年2月17日

    EA×コエテクのAAA級狩りACT『WILD HEARTS』初公開トレイラー!発売日は2023年2月17日

  2. 『原神』Ver.3.1アプデの「パッチノート」公開!Amazonでは「原神 特設ストア」もオープン

    『原神』Ver.3.1アプデの「パッチノート」公開!Amazonでは「原神 特設ストア」もオープン

  3. ダーク三國死にゲー『Wo Long: Fallen Dynasty』体験版配信!新ボス「呂布」も初公開【TGS2022】

    ダーク三國死にゲー『Wo Long: Fallen Dynasty』体験版配信!新ボス「呂布」も初公開【TGS2022】

  4. 「PS5」の販売情報まとめ【9月28日】─「ノジマオンライン」などが抽選販売中、「イオン」の受付は締め切り目前

  5. 『原神』Ver.3.1アプデ配信開始!スメールの砂漠地帯開放―セノら新キャラのイベント祈願も

  6. 『原神』2周年記念TVCM公開!ジョーク好きなセノによる「可愛さいっパイモン」がプチブームに

  7. 『原神』ダウナー風な新キャラ「レイラ」公開!謎の少女「ナヒーダ」の正体も判明―さらに「水神」らしき情報も

  8. ローソンで『原神』コラボがスタート!描き下ろし衣装の「胡桃」「宵宮」が目印、先着・数量限定のグッズも登場

  9. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  10. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

アクセスランキングをもっと見る