人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】PS3/Vitaのクロス対戦!『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』プレイレポ

先日待望の国内リリースも決まった『PlayStation All-Stars Battle Royale』。TGS会場SCEブースにて本邦初のプレイアブルデモが展示されていたので、そのレポートをお送りします。

ソニー PS3
【TGS 2012】PS3/Vitaのクロス対戦!『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』プレイレポ
  • 【TGS 2012】PS3/Vitaのクロス対戦!『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』プレイレポ
  • TGSデモでは10体のキャラクターが使用可能。日本ではやはりトロが人気?
  • 【TGS 2012】PS3/Vitaのクロス対戦!『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』プレイレポ
  • 見た目と裏腹に操作性は以外と複雑で奥が深そう
  • PS Vita版では背面タッチコントロールも使用
プレイステーションとサードパーティのゲームキャラが新旧入り乱れて戦うPS3専用の新作対戦アクションゲームとして、先日待望の国内リリースも決まった『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』。TGS会場SCEブースにて本邦初のプレイアブルデモが展示されていたので、そのレポートをお送りします。

SCEブース地上フロアの奥に1台のみ設置されたデモは、PS3コントローラー2つとPS Vita 2台が接続され、注目のクロスプラットフォーム対戦が4人で楽しめるというセッティング。デモは日本語ローカライズされていないおそらく少し以前の海外用ビルドで、最近参戦が発表されたナリコ、雷電、ダンテ、ラチェット等はまだ使用できませんでした。

筆者は個人的にお気に入りの「ぽっちゃり☆プリンセス」を選択し、PS Vita版使用の担当コンパニオンさん1名、Bot2体を相手に対戦をスタート。

本作ではダメージ値やヘルスバーのようなものが存在せず、ゲージを貯めて繰り出せる必殺技(Super)を対戦相手に命中させることで“キル”を奪うという独自のシステムを採用。ゲージは3段階まで貯めることができ、1段階目の必殺技は非常に命中させづらい単発攻撃ながら、2段階目になれば効果時間や命中率が増し、最終段階では画面全体に回避困難な攻撃を行うなど強烈なSuper技を解き放つことができるそうです。

今回プレイできたのは、制限時間内に相手から奪った/奪われたキルの数でスコアを競い合うタイム形式のゲームモード。短い時間でなかなか思うように操作出来なかったものの、おそらくイージー設定であろうBotと、ゲームショウ開幕直後だったためか、筆者同様に操作にまだ不慣れな様子のコンパニオンさんを相手に、勝利をおさめることができました。次回はPS Vitaバージョンでのプレイにも挑戦してみたいところ。

出来るだけ乱戦の巻き添えを食らわないように隅でこそこそとゲージを貯めて、2ランク以上溜まったら中央で複数の相手を一気に蹴散らす戦法が有効に感じました。また、地面に落ちるアイテムや武器を拾って活用するのも重要なアクションの1つ。

『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』はPS3/PS Vitaのクロスリリースで、北米で2012年11月20日、日本では今冬発売予定。新たにオープンした公式ページ上で、今後の更なる参戦キャラクター発表にも期待しておきましょう。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:アイスボーン』アルバトリオン登場の「第4弾アップデート」7月9日配信! 謎のモンスターが映る新映像も公開

    『モンハン:アイスボーン』アルバトリオン登場の「第4弾アップデート」7月9日配信! 謎のモンスターが映る新映像も公開

  2. PS5版へのアップグレードは中古ディスクでも可能ー気になる後方互換についてもSIEに確認

    PS5版へのアップグレードは中古ディスクでも可能ー気になる後方互換についてもSIEに確認

  3. 『The Last of Us Part II』19歳の少女・エリーはどのように変化したのか?前作と共に振り返るスーパーガールの成長記録

    『The Last of Us Part II』19歳の少女・エリーはどのように変化したのか?前作と共に振り返るスーパーガールの成長記録

  4. 『Apex Legends』新モード「新・危険武装」で担ぐならショットガン2丁?スナイパー2丁?それぞれのメリット・デメリットを検証してみた

  5. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  6. 『パワプロ』のペナントで考えるチーム運営7つの秘訣

  7. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  8. にじさんじライバー「叶」「葛葉」「黛灰」が振り返る海外版『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』―高難易度Co-opで生き残る術とは?

  9. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

アクセスランキングをもっと見る