人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】PS3/Vitaのクロス対戦!『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』プレイレポ

ソニー PS3

【TGS 2012】PS3/Vitaのクロス対戦!『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』プレイレポ
  • 【TGS 2012】PS3/Vitaのクロス対戦!『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』プレイレポ
  • TGSデモでは10体のキャラクターが使用可能。日本ではやはりトロが人気?
  • 【TGS 2012】PS3/Vitaのクロス対戦!『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』プレイレポ
  • 見た目と裏腹に操作性は以外と複雑で奥が深そう
  • PS Vita版では背面タッチコントロールも使用
プレイステーションとサードパーティのゲームキャラが新旧入り乱れて戦うPS3専用の新作対戦アクションゲームとして、先日待望の国内リリースも決まった『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』。TGS会場SCEブースにて本邦初のプレイアブルデモが展示されていたので、そのレポートをお送りします。

SCEブース地上フロアの奥に1台のみ設置されたデモは、PS3コントローラー2つとPS Vita 2台が接続され、注目のクロスプラットフォーム対戦が4人で楽しめるというセッティング。デモは日本語ローカライズされていないおそらく少し以前の海外用ビルドで、最近参戦が発表されたナリコ、雷電、ダンテ、ラチェット等はまだ使用できませんでした。

筆者は個人的にお気に入りの「ぽっちゃり☆プリンセス」を選択し、PS Vita版使用の担当コンパニオンさん1名、Bot2体を相手に対戦をスタート。

本作ではダメージ値やヘルスバーのようなものが存在せず、ゲージを貯めて繰り出せる必殺技(Super)を対戦相手に命中させることで“キル”を奪うという独自のシステムを採用。ゲージは3段階まで貯めることができ、1段階目の必殺技は非常に命中させづらい単発攻撃ながら、2段階目になれば効果時間や命中率が増し、最終段階では画面全体に回避困難な攻撃を行うなど強烈なSuper技を解き放つことができるそうです。

今回プレイできたのは、制限時間内に相手から奪った/奪われたキルの数でスコアを競い合うタイム形式のゲームモード。短い時間でなかなか思うように操作出来なかったものの、おそらくイージー設定であろうBotと、ゲームショウ開幕直後だったためか、筆者同様に操作にまだ不慣れな様子のコンパニオンさんを相手に、勝利をおさめることができました。次回はPS Vitaバージョンでのプレイにも挑戦してみたいところ。

出来るだけ乱戦の巻き添えを食らわないように隅でこそこそとゲージを貯めて、2ランク以上溜まったら中央で複数の相手を一気に蹴散らす戦法が有効に感じました。また、地面に落ちるアイテムや武器を拾って活用するのも重要なアクションの1つ。

『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』はPS3/PS Vitaのクロスリリースで、北米で2012年11月20日、日本では今冬発売予定。新たにオープンした公式ページ上で、今後の更なる参戦キャラクター発表にも期待しておきましょう。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『New ガンダムブレイカー』最新情報公開!ガンプラカスタマイズではBGMも変更可能に

    『New ガンダムブレイカー』最新情報公開!ガンプラカスタマイズではBGMも変更可能に

  2. 『ザンキゼロ』発売日決定!“生死を繰り返す”主人公たちの過酷なサバイバルが7月5日に幕開け

    『ザンキゼロ』発売日決定!“生死を繰り返す”主人公たちの過酷なサバイバルが7月5日に幕開け

  3. 5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

    5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

  4. 『モンハン:ワールド』×『デビルメイクライ』コラボDLC配信日が決定!受付嬢の「春麗コスチューム」も紹介

  5. 『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』重要なキーワードやメンバーのプロフィールを一挙公開

  6. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』100%コンプリートするには43時間が必要?過去作の2倍以上に

  7. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』ついに発売!序盤のちょっとした攻略トピックスをご紹介

  8. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』クレイトスはどう変わった?ディレクターが語るその内面の変化とは

  9. 緊張感と圧倒的リアリティでプレイヤーを魅了する『Detroit: Become Human』メディアプレゼンテーションレポ

  10. あっこれかぁ!『フォートナイト』エモートの元ネタたち―海外YouTubeユーザーがまとめ

アクセスランキングをもっと見る