人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み

PCゲーム ソーシャルゲーム

【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
  • 【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
  • 【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
  • 【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
  • 【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
  • 【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
  • 【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
  • 【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
  • 【TGS 2012】今年は新しいゲームにチャレンジする年 ― コーエーテクモゲームスの新たな試み
コーエーテクモゲームスは、東京ゲームショウ2012 ラインナップステージにて新作ネットワークゲームと新作コンシューマーゲームを発表しました。本記事は新作ネットワークゲームについてレポートします。

まず壇上に襟川陽一社長が登場。「昨年はコラボレーションの年、今年はコーエーテクモゲームスにとって新しいゲームにチャレンジする年です」と語りました。コーエーテクモゲームスはすでにネオロマンスゲームの新タイトル『下天の華』や、オメガフォースの新作『討鬼伝』の発表をしています。

次に専務取締役・ネットワーク事業部長の小林伸太郎氏が登場。「ネットワーク事業部で注目しているのはスマートフォン。世界中で普及しているスマートフォンでソーシャルゲームを日本だけでなくグローバルサイズで展開していきたい。キーワードはマルチプラットフォーム、マルチデバイス。どんどんソーシャルゲームを展開していきたい。」と語りました。

さて、第一部の新作ネットワークゲームで発表されたタイトルは3つ。『100万人のNINJA GAIDEN』『100万人の無双OROCHI』『真・三國無双SLASH』です。いずれもソーシャルゲームですが、それぞれ異なった操作感が楽しめます。プロデューサー自ら壇上にあがり、その内容をプレゼンしました。

■3Dアクションが楽しめる『100万人のNINJA GAIDEN』
プロデューサーの天野幸芳氏が登場。Team NINJA開発する大人気アクションゲーム『NINJA GAIDEN』のソーシャルゲームを発表しました。本格的な3Dアクションバトルをソーシャルゲームで遊ぶことができます。基本操作はタッチのみ。タッチをすることで「斬る」「手裏剣を投げる」といったアクションが可能でコンボもできるそうです。ソーシャルゲームのカードバトルと3Dバトルを融合させるという試みなので、カードのコレクション要素も楽しめます。本作だけのオリジナルキャラクターも登場し、3Dバトルのサポートをしてくれるとのこと。今後も続々とキャラクターが追加されるそうです。対応機種はスマートフォン。Android版はモバゲーにて本日20日よりサービスイン。
(※iOS版は後日サービスイン予定)

■『100万人の無双OROCHI』
プロデューサーの松本秀氏が登場。『無双OROCHI』でおなじみの無双武将のカードを使ってカードバトルを展開します。「無双バトル」では、最大3人×3ユニット、合計9人の無双武将のチームを編成することができ、『無双OROCHI』のように「無双乱舞」や「無双奥義」を発動するそうです。カードは3段階に進化し、それぞれ絵柄が変わるので、コレクション要素とやりこみ要素が高い印象です。対応機種はフィーチャーフォンとスマートフォン。GREEにて本日20日よりサービスイン。

■『真・三國無双SLASH』
越後谷和広プロデューサーが登場。指の動作だけで本格的な無双演武が楽しめるソーシャルタクティカルアクション。アクションは3Dで表現されます。『真・三國無双』シリーズのキャラクターも多数登場。自キャラを育てて甲冑武具を自由にカスタマイズすることが可能です。対応機種はスマートフォン。9月20日よりGREEで事前登録受付をしています。

なお、3タイトルとも基本プレイは無料でアイテム課金となっております。

最後に、常務執行役員・ネットワーク事業部 副事業部長の藤重和博氏が登壇。「『大航海時代Online 2ndage』や『信長の野望Online』『真・三國無双Online』など、今までのオンラインゲームにも新しい試みをしていきたいと思っています」と語りました。

(コンシューマゲーム編に続きます)
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. Steam、ニンテンドースイッチProコントローラーにも対応へ―多数のPCゲームで利用可能に

    Steam、ニンテンドースイッチProコントローラーにも対応へ―多数のPCゲームで利用可能に

  3. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

    グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  4. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  5. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  6. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  7. 『RPGツクール MV』では近未来・SF・現代・軍事・ホラーの素材を収録!点数は200%以上増量

  8. Steam版『ネプテューヌ』が“ありえないレベル”で大好評、日本語版の制作も決定

  9. 8ビット版ベヨネッタが無料で!『8-Bit Bayonetta』Steamで配信中

  10. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

アクセスランキングをもっと見る