人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、インドネシアのモバイルゲーム事業に本格参入 ― 今後は東南アジアでの展開も視野に

ゲームビジネス 市場

カプコン、インドネシアのモバイルゲーム事業に本格参入 ― 今後は東南アジアでの展開も視野に
  • カプコン、インドネシアのモバイルゲーム事業に本格参入 ― 今後は東南アジアでの展開も視野に
  • カプコン、インドネシアのモバイルゲーム事業に本格参入 ― 今後は東南アジアでの展開も視野に
カプコンはインドネシアにおいて、同社の人気タイトルを投入し、本格的にモバイルゲーム事業に参入することを発表しました。

現在インドネシアでは携帯電話の普及率が急増しており、間もなく100%を超えると予想される大きな市場が存在します。今年度はラブインドネシア社が運営するポータルサイト「Love Indonesia」において、携帯電話向けJavaゲーム『ストリートファイター』などの計19タイトルを配信していきます。

なお、同国のスマートフォン普及率は10%程度にとどまっていますが、今後各社が低価格帯の機種を投入することにより、2012年の販売台数は前年比約70%の大幅増加が見込まれています。スマホの爆発的な普及を見越して、同社はAndroidのゲームも今年度中に2タイトル、来年度には10タイトルを投入する予定です。また、インドネシアを足がかりに、東南アジア向けソーシャルゲームの展開も視野に入れています。

カプコンはオンライン市場を成長分野に位置づけ、モバイル・PCオンライン・コンシューマー向けダウンロードの売上高を2015年3月期までに300億円まで拡大させることを目標にしています。今年7月にはオンライン事業の拠点を台湾に設立し、今回インドネシア市場に本格参入することで、アジア地域で更なるオンライン事業の成長を図っていくということです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  2. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

    あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  3. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. 【CEDEC 2013】ゲームメーカーが求める人材像とは?CEDEC2013業界研究フェアでバンダイナムコスタジオとグリーの人事担当が対談

  7. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

  8. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  9. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

アクセスランキングをもっと見る