人生にゲームをプラスするメディア

日本ファルコム、業績予想を上方修正・・・ダウンロード販売が伸び利益率上昇

日本ファルコムは9月14日、平成24年9月期の業績予想を上方修正したと発表しました。

ゲームビジネス その他
日本ファルコム、業績予想を上方修正・・・ダウンロード販売が伸び利益率上昇
  • 日本ファルコム、業績予想を上方修正・・・ダウンロード販売が伸び利益率上昇
日本ファルコムは9月14日、平成24年9月期の業績予想を上方修正したと発表しました。

修正後の業績予想は、営業利益は3億2500万円、経常利益は3億2500万円、当期純利益は2億200万円と、いずれも前回予想より30%上昇しています。なお、売上高に関しては、前回予想から変更はなく13億円となっています。

同社から7月に発売されたPSP『那由多の軌跡』の販売が好調に推移していることに加え、9月27日発売のPS Vitaソフト『イース セルセタの樹海』も好調な見通しとなっていることがあげられています。

上方修正に最も寄与したのがダウンロード販売比率の上昇です。通常のパッケージ販売よりも利益率が高く、それぞれの利益を大きく伸ばした要因となりました。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

    「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  3. 【Unite Japan 2014】スマホゲームに「シェアボタン」を!Unityが買収した「Everyplay」の魅力を徹底紹介

    【Unite Japan 2014】スマホゲームに「シェアボタン」を!Unityが買収した「Everyplay」の魅力を徹底紹介

  4. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  5. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  6. 忍ismがプロゲーミングチームを設立―『ストリートファイター』『スプラトゥーン2』で3月から始動

  7. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  8. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  9. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』『The MISSING J.J.マクフィールドと追憶島』『竜星のヴァルニール』他

  10. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

アクセスランキングをもっと見る