人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム機の通信機能の特許、総合力ランキングトップ3は「任天堂」「バンダイナムコ」「コナミ」

ゲームビジネス その他

ゲーム機の通信機能の特許、総合力ランキングトップ3は「任天堂」「バンダイナムコ」「コナミ」
  • ゲーム機の通信機能の特許、総合力ランキングトップ3は「任天堂」「バンダイナムコ」「コナミ」
パテント・リザルトは、「複数のゲーム装置間の通信機能関連技術」(ただしインターネットを利用したものは除く)について、参入企業の競争力に関する調査結果を発表しました。

この調査は、1993年~2012年6月末の期間に、日本特許庁で公開された関連特許981件を対象にスコアリングを実施し、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計したものとなっています。その集計の結果、1位「任天堂」、2位「バンダイナムコ」、3位「コナミ」、4位「SCE」、5位「セガ」になったとのことです。

1位の任天堂は、直近6年間で権利者スコア(特許総合力)および出願件数が全体でもっとも増加していました。注目度の高い特許としては、近距離無線による複数のゲーム装置間の通信状態に応じてゲーム内容を変化させることのできる「ゲームシステムおよびゲームプログラム」などが含まれていました。

2位のバンダイナムコゲームスの注目度の高い特許としては、信号の送受信を自動的に行い、あたかも人間のように互いにコミュニケーションを行う「携帯用通信玩具および情報記憶媒体」などとなっています。

3位のコナミデジタルエンタテインメントは、ゲームセンター等において識別情報が対応付けされた端末装置と通信可能に接続して管理する「ゲーム用サーバ装置、ゲーム管理方法およびゲーム管理プログラム」などが注目度の高い特許でした。

その他、4位のソニー・コンピュータエンタテインメントは、無線コントローラとゲーム機間の無線接続を効率よく実現する「通信装置、ゲームシステムおよび接続確立方法」など、5位のセガは、フリーエントリ方式で多人数対戦型の「ゲーム装置、ゲームの処理方法およびゲーム実行方法並びにゲームシステム」などが、注目度の高い技術として調査報告で挙げられたとのことです。

なお、6位以下では、カシオ計算機、カプコン、スクウェア・エニックス、タカラトミー、ユニバーサルエンターテインメント等の企業が上位にランクされていました。どの技術が、どのゲーム機で活用されているか、あらためて考えてみるのも楽しいかもしれません。

ちなみに、2006年末時点でのポイントを集計したところ、その時点での順位は、1位「バンダイナムコ」、2位「任天堂」、3位「コナミ」、4位「セガ」、5位「SCE」となっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 『乖離性ミリオンアーサーVR』最新PV公開! 激しい戦闘からアバターカスタマイズまで収録

    『乖離性ミリオンアーサーVR』最新PV公開! 激しい戦闘からアバターカスタマイズまで収録

  4. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. レジーが遂に社長に!―君島氏は会長兼CEOに(2)

  7. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  8. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  9. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  10. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

アクセスランキングをもっと見る