人生にゲームをプラスするメディア

N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた

任天堂 その他

N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた
  • N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた
  • N64『ゴールデンアイ 007』はマルチプレイ非搭載のオンレールシューターとして開発されていた
コンソール向けの名作FPSとして今なお語り継がれるニンテンドウ64タイトル『ゴールデンアイ 007』ですが、本作のディレクターMartin Hollis氏はGDC Europe 2012にて幾つかの開発秘話を明らかにしました。



当初『ゴールデンアイ 007』はスーパーファミコン向けに開発がスタートしたもののプロジェクトは途中で放棄されてしまったのだそうです。それを見つけたHollis氏は個人的興味からプロジェクトを再開、小さなチームを結成して肉付けを始めました。ちなみにチームの大部分はそれまでゲーム開発の経験がなかったようです。

そしてゲームはスーパーファミコン向けから任天堂の新しいコンソール向けに移行。しかしその時点ではまだニンテンドウ64は存在しておらず、開発チームもどのようなコントローラーデザインとなるか分かっていなかったのだとか。

ニンテンドウ64版『ゴールデンアイ 007』は『バーチャコップ』風のオンレールシューターとして開発がスタートしましたが、その後アナログスティックの搭載が明らかとなり、ボンドはエイミング及び射撃に加えて移動する事が可能となりました。

ゲームの開発には約3年が費やされました。そして最も注目を集めたマルチプレイヤーはなんとタイムリミット寸前に追加されたとの事で、上層部もそれが動いているのを見るまで存在を知らなかったそうです。

もしスーパーファミコン版の開発が放棄される事なくすんなりと発売されていたら、伝説的作品となったニンテンドウ64版も誕生せず、今日のFPS情勢は大きく違ったものとなっていたかもしれませんね。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】育てたコイキングがピジョンに連れ去られてゆく…切なくも面白い『はねろ!コイキング』

    【プレイレポ】育てたコイキングがピジョンに連れ去られてゆく…切なくも面白い『はねろ!コイキング』

  2. ユニクロ「33周年誕生感謝祭」で新作の任天堂Tシャツもセール価格に、5月26日より7日間開催

    ユニクロ「33周年誕生感謝祭」で新作の任天堂Tシャツもセール価格に、5月26日より7日間開催

  3. 『マリカー』の世界はこんなに進化していた ─ 『マリオカート8 デラックス』と過去作のコース比較動画が衝撃的

    『マリカー』の世界はこんなに進化していた ─ 『マリオカート8 デラックス』と過去作のコース比較動画が衝撃的

  4. 2017年夏も「ピカチュウ大量発生チュウ!」が開催決定!今年は“ピカチュウだけじゃない”!?

  5. 『スプラトゥーン2』落とし物はボム?厄介そうなオクタリアン「スタコラー」が明らかに

  6. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」あの『ARMS』を徹底チェック! 『ゼルダの伝説 BotW』のオクタ風船を使うと…

  7. 『はねろ!コイキング』は「トランセル」のゲームになる可能性もあった!?「ポケモンだいすきクラブ」でインタビューが公開

  8. 「ニンテンドースイッチ」をスカイダイビング中に遊ぶ!海外実写ショート映像

  9. 【Nintendo Switch DL販売ランキング】『スニッパーズ』2位浮上、『バトルスポーツ めく~る』や『THUMPER』などインディータイトルも好調(5/23)

  10. 3DS『妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ』の廉価版が7月20日発売決定

アクセスランキングをもっと見る