人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略

ゲームビジネス 市場

【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
  • 【China Joy 2012】中国最大のSNS「人人網」の新しいゲーム戦略
フェイスブックやツイッターが接続できない中国において、ナンバーワンの地位を占めるSNSが「人人網」(RenRen)です。当初はPC向けのサービスでしたが、中国でのスマートフォンの爆発的な普及により主戦場をスマートフォンに移し、ゲーム分野にも積極的に投資します。

「人人遊戯」(RenRen Games)と呼ばれるゲーム部門は北京を本拠地として、数百名の開発体制を持ち、年間40タイトルをリリースします。当初はPCのブラウザゲームが主流でしたが、現在ではスマートフォンやタブレット向けに注力します。海外展開も進め、東京・ソウル・台北・サンフランシスコに拠点を持ちます。各国向けの開発体制も整えつつあり、日本向けのスタジオも中国国内にあるそうです。日本法人は昨年秋の設立から既に約10タイトルをテストマーケティング的にリリースしています。

その経緯からブラウザとスマートフォンの両方にタイトルをリリースするケースが多く、プレイヤーは双方のプラットフォームでプレイすることができます。Adobeとの技術提携により、クロスプラットフォームの開発環境が整備されていて、数週間で複数のプラットフォームでリリースすることが可能になっているとのこと。

これまでは自社開発に資源を集中してきましたが、今後はパートナーシップを活用し、共同開発・共同パブリッシングも展開していくとのこと。既に日本の大手コンシューマーゲームメーカーやソーシャルゲームデベロッパーとの提携が決定しているそうです。中国市場への進出には困難が伴いますが、中国最大のSNSと自社の広告ネットワーク「Ader」を持つ人人遊戯のマーケティング能力は大きな武器となりそうです。

先日国内でスマートフォン向けの第一弾として『乱世キング』をリリースした人人遊戯。今後も国内で多数のタイトルを提供していく計画ですが、単にデベロッパーとしてだけではなく、プラットフォームホルダーとしても注目を集めることになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

    カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  2. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

    【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  3. 【GDC 2013 報告会】最新のビジュアルアート手法を報告・・・岩出敬氏

    【GDC 2013 報告会】最新のビジュアルアート手法を報告・・・岩出敬氏

  4. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  7. 【週刊マリオグッズコレクション】第33回 昔懐かしの、マリオの消しゴム人形

  8. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  9. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  10. 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」

アクセスランキングをもっと見る