人生にゲームをプラスするメディア

和田康宏氏の新作『プロジェクト・ハピネス(仮)』対応プラットフォームが明らかに

その他 全般

 
  •  
TOYBOXの和田康宏氏が手掛ける新作『プロジェクト・ハピネス(仮)』のプラットフォームが明らかになりました。

これは欧米でのパブリッシングを行うRisingStarGamesが明らかにしたもので、ニンテンドー3DSとモバイル向けとして開発中とのことです。そんな『プロジェクト・ハピネス(仮)』について、和田氏が海外サイトのインタビューで語っています。

新作『プロジェクト・ハピネス(仮)』は、ゲームの内容こそは全く違うものの『牧場物語』と非常に似ている世界観を持っています。自分のルーツは小さな街であり、それを元に作られたものが『牧場物語』だと語る和田氏は、今回の作品では一から新しいものを作ろうと試みたものの、最終的にはよく似た世界を持つ作品になってしまったということです

E3で発表された多くのハイコンセプトなアクションゲームばかりの中において、『プロジェクト・ハピネス(仮)』はひときわ異色の存在感を放っていました。

「かつてE3には色々なタイプのゲームが登場しました。しかしいま会場を歩き回って目にするのは、みな同じようなゲームばかりです。これは悲しいことです。」


和田氏は現在リリースされている多くのゲームが、どれもこれもが同じタイプの暴力的なゲームであることを嘆いています。他の人と違った考え方をするのが信念だと語る和田氏は、殺人や戦争を扱うゲームへの否定はしないものの、そういった作品の影響を受けるよりは、全く違うものを作り出したいと考えているようです。



また『プロジェクト・ハピネス(仮)』について、ゲームをプレイ中ユーザーは様々な楽しい経験をすることになりますが、プレイを終えたあとでもずっと心に残るような作品になると語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】実写ドラマよりも劇的!?『ドット絵の名作Steamゲーム―RPG&ADV編』7選

    【特集】実写ドラマよりも劇的!?『ドット絵の名作Steamゲーム―RPG&ADV編』7選

  2. 【昨日のまとめ】『ゼルダの伝説 BotW』しゃがんで宝箱を開けるとどうなる?、『聖剣伝説コレクション』の特長を映像で紹介、『紅蓮のリベレーター』ベンチマークソフト配信…など(4/29)

    【昨日のまとめ】『ゼルダの伝説 BotW』しゃがんで宝箱を開けるとどうなる?、『聖剣伝説コレクション』の特長を映像で紹介、『紅蓮のリベレーター』ベンチマークソフト配信…など(4/29)

  3. 書籍のヒットを記念する「光のお父さん」スペシャルムービーを公開―“これは、嘘のような本当の話”

    書籍のヒットを記念する「光のお父さん」スペシャルムービーを公開―“これは、嘘のような本当の話”

  4. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第57話:チェックバック。あなたのもチェックしてあげる……

  5. 『明神カフェ』コラボ作品第1弾が「劇場版ソードアート・オンライン」に決定!描き下ろしのキリトやアスナのイラストが公開

  6. シリーズ最新作『ボンバーガール』ロケテスト開催中! 華やかな協力対戦ACTをいち早く体験しよう

  7. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シオカラーズのストーリー第一話、『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談、New 2DS LL「はぐれメタルエディション」…など(4/28)

  8. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  9. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る