人生にゲームをプラスするメディア

dangoの取締役事業部長に元スクウェアの木村祥朗が就任

ゲームビジネス 人材

dango
  • dango
dangoは、7月1日付で木村祥朗氏が取締役事業部長(COO)に就任したと発表しました。

木村氏は、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)を経て、ラブデリックに参加。『moon』のシナリオやゲームデザインを担当し、パンチラインを立ち上げて『チュウリップ』『Rule of Rose』などの開発に携わってきました。

その後はフリーのプロデューサーとして『NO MORE HEROES』『NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE』『王様物語』などを世に送り出し、2010年4月から2011年8月までグラスホッパー・マニュファクチュアの執行役員を務めました。現在はOnion Games代表として鋭意活動中です。

これまで、100万ダウンロードを突破したソーシャルRPG『マジモン』など、スマートフォン向けソーシャルゲームの開発をおこなってきた同社に木村氏が加わったことで、さまざまななゲーム開発で培われたノウハウを得ることとなります。これにより現在開発中のシミュレーションRPG 『DRAGON COMBAT』をはじめ、より感動を巻き起こす新しいソーシャルゲームの世界中のユーザーに提供していくとのことです。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  3. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

    プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  4. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  5. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

  6. 「他の領域の成果をうまく使う」「幅も深さも駆使できる技術者になって欲しい」BNG馬場哲治氏が講演

  7. 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン

  8. どんなゲーム会社に投資をしたくなるのか──PUSHパネルディスカッションレポート

  9. 『鉄拳7』が英国初登場1位!―シリーズ作として『鉄拳3』以来

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る