人生にゲームをプラスするメディア

『FFXI』拡張ディスク第五弾『アドゥリンの魔境』制作決定 ― 『アルタナの神兵』から5年振り

ソニー PS2

スクウェア・エニックスは、PS2/Xbox360/PCソフト『ファイナルファンタジーXI』の拡張ディスク第五弾『アドゥリンの魔境』を発表しました。

『ファイナルファンタジーXI』は、サービス開始から10周年を迎えた現在も日本・北米・欧州で多数のアクティブユーザーを獲得している多人数同時参加型オンラインゲーム(MMORPG)です。前作の拡張ディスク第四弾『アルタナの神兵』が発売されたのは2007年11月22日で、その後追加シナリオ・バトルエリア拡張コンテンツが計6本発売されてますが、拡張ディスクの発売は5年ぶりとなっています。

『アドゥリンの魔境』は、6月23日・24日にパシフィコ横浜にて行われた『FFXI』10周年を記念したファン感謝祭「A DECADE OF FINAL FANTASY XI VANA★FEST 2012」にて発表されました。

新天地「ウルブカ大陸」「神聖アドゥリン都市同盟」にまつわる新たなストーリーが展開。この新大陸に広がる多数の新エリア、新たなる敵・強力な未知のモンスターが多数追加されるとともに、バトル以外の新システムも大幅に強化/追加予定となっています。

そして、待望の新ジョブも追加されますが、その新ジョブのアーティファクト(ジョブ専用装備)およびジョブ専用武器は、「BASTARD!!」等で世界的に有名な人気漫画家・萩原一至氏がデザイン。追加される新ジョブとしては、自然の力を引き出す“風水”の力をその身に宿して戦う、攻守に優れた支援派ジョブ「風水士」、“ルーン”と呼ばれる特殊アビリティを攻守に使い分ける技能派ジョブ「魔導剣士」のビジュアルがさっそく公開されました。



また、最新映像も公開中。「ユグドラシル」「十二名家」「冥王」などの単語が出現していますが、“魔境”がいかなるものか、その具体的な全容は明らかとなっていません。

なお、『アドゥリンの魔境』は現在『ファイナルファンタジーXI』のサービスを提供している全地域(日本・北米・欧州)において2013年に同時発売予定。対応機種(プレイステーション2、Xbox360、Windows)については日本・北米・欧州によって異なり、日本ではPS2、Xbox360、Windowsの3機種でパッケージ販売と、Windows版のダウンロード販売が予定されています。

『ファイナルファンタジーXI アドゥリンの魔境』は、2013年発売予定で価格は未定です。

(C)2002-2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION: (C)2012 YOSHITAKA AMANO
ILLUSTRATION: KAZUSHI HAGIWARA
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』全世界出荷数1,000万本突破!シリーズ累計販売本数は5,000万本を記録

    『モンハン:ワールド』全世界出荷数1,000万本突破!シリーズ累計販売本数は5,000万本を記録

  2. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

    PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『シェンムー3』gamescom 2018にて新発表を予定! 映像も準備中

  5. PS4本体購入で『フォートナイト』限定スキンとV-Bucksがもらえるキャンペーンが8月23日より実施

  6. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  7. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  8. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  9. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  10. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』の「New Game+」が8月中に海外配信! 無料アップデートで追加

アクセスランキングをもっと見る