人生にゲームをプラスするメディア

『テイルズ オブ エクシリア2』は融合1年後の世界からスタート

ソニー PS3

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3用ソフト『テイルズ オブ エクシリア2』の最新情報を公開しました。

『テイルズ オブ エクシリア2』のキーワードは“選択が未来を紡ぐRPG”で、前作『テイルズ オブ エクシリア』を踏襲しつつ、新たな主人公が登場します。世界を二つに分けていた断界殻(シェル)の開放により、自然豊かな国家“リーゼ・マクシア”と黒匣(ジン)という機械文化が栄える国家“エレンピオス”がひとつとなって約一年。二千年間の断絶から解き放たれた両世界は、融和への動きを見せているものの、様々な対立の火種はくすぶったままでした。そんなエレンピオスの都市トリグラフには、近年急成長を遂げている大企業、クランスピア社の巨大な本社ビルがそびえています。

本作でも、人間と精霊と自然、すべてを支えている根源エネルギー“マナ”が、世界の根幹を成しています。エレンピオスの“黒匣(ジン)”は、マナの塊である精霊を消費して、術を発動させる機械装置。現在は一時的にエレンピオスにもマナが満たされているため、使用しても精霊が死ぬことはありません。

そして“源霊匣(オリジン)”は、黒匣にリーゼ・マクシアの技術を加えて開発された、次世代のシステム。黒匣とは異なり、精霊を殺さずに術を発動させることができるが、未だ実用化には至っていません。

本作の主人公は、トリグラフに住む平凡な青年、ルドガー・ウィル・クルスニク(CV:近藤 隆)です。兄の仕事が忙しいため、愛猫ルルの世話を含め、家事のほとんどはルドガーが請け負っており、料理の腕前はかなりのもの。 憧れの大企業クランスピア社への就職に失敗し、 苦労の末、トリグラフ駅食堂への就職が決まりましたが、出勤初日、駅へと向かった矢先に見知らぬ少女エルと共に事件に巻き込まれ、多額の借金と、世界の命運を背負うことになってしまいます。

ヒロイン、エル・メル・マータ(CV:伊瀬 茉莉也)は、しっかり者で口が減らない、活発な少女。父親の言いつけを守り、願いを叶えてくれるという伝説の「カナンの地」を目指す一人旅をしていましたが、偶然ルドガーと出会い、共に「カナンの地」へ行くという約束を交わすことになります。

そしてルドガーが飼っている、ちょっと太めな猫、ルル。ルドガーの出勤初日、偶然出会ったエルに見初められ、成り行きで旅に同行することになります。人見知りしない性格で、普段はエルと一緒にいることが多いのですが、特別懐いているというわけではなく、気が向いたからエルに付き合っているといった雰囲気があります。

本作では、前作同様にAC(アサルトカウンタ)値とTP(テクニカルポイント)値を使用して攻撃を行います。また、好評だった「共鳴」はもちろん本作でも引き続き使用可能。新しい共鳴術技も登場するようです。

一方で、本作では、各キャラクターがそれぞれ特別な戦闘能力を有しています。ルドガーは、「双剣」「ハンマー」「双銃」の3つの武器を同時に装備し、戦闘中瞬時に切り替えて戦うことができる“ウェポンシフト”という特性を持っています。L1+R1ボタンを押すことで、次々に武器を持ち変え(L1+R2で逆順切り替え)、それぞれの武器により、異なる技を使います。

「双剣」は、2本の剣を逆手に構え、敵に接近して戦うスタイルです。隙が少ないため扱い易く、連撃を得意とします。「ハンマー」は、柄の長いハンマーを両手で構え、振り回して戦うスタイルです。大振りになるためスピード感には若干欠けますが、リーチの長さ、一帯を巻き込む攻撃範囲の広さが特徴です。

「双銃」は、二丁拳銃を構え、距離をとって戦うスタイルです。一発一発のダメージは大きくないですが、安全な距離を取って攻撃・サポートを行うことができます。また、移動しながらの射撃も可能です。ただし、双銃を構えている間は移動速度が低下します。

そして本作のルドガーの最大の特徴は、「全ての行動・言動をプレイヤーが選択肢によって選ぶ」という点です。ルドガーの考え=プレイヤーの考えであり、プレイヤーはルドガーと一体となってゲームを進めることができます。ゲーム中では頻繁にこの選択肢が表示され、プレイヤーはL1ボタンかR1ボタンで決断しなければなりません。通常、どちらの選択肢を選ぶかはじっくり考えることができますが、中には制限時間があるものもあり、その場合には中央に時計が表示され、残り時間がカウントされます。

基本的にはその場のルドガーの言動をプレイヤーが選ぶものなので、選択肢によって物語そのものが、たくさんの枝分かれの分岐をするということはありません。しかし、中には重大な局面を左右する決断を迫られる場合もあるとのことです。

なお、テーマソングは、前作『テイルズ オブ エクシリア』に引き続き、浜崎あゆみさんが担当。新たに楽曲を書き下ろすことが決定しています。またアニメーションムービーも前作に続きufotableが担当します。

『テイルズ オブ エクシリア2』は、発売日・価格共に未定です。

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)2012 NAMCO BANDAI Games Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  2. 4K PC版『ソウルキャリバーVI』のゲームプレイ映像が公開―美しくも激しい戦いを目の前に

    4K PC版『ソウルキャリバーVI』のゲームプレイ映像が公開―美しくも激しい戦いを目の前に

  3. 『モンハン:ワールド』になぜベヒーモス?『FFXIV』コラボの裏側を、辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く【E3 2018】

    『モンハン:ワールド』になぜベヒーモス?『FFXIV』コラボの裏側を、辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く【E3 2018】

  4. 『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

  5. 静かに暗殺なんてしない!『アサシン クリード オデッセイ』編集部による先行プレイ映像【E3 2018】

  6. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  7. 『モンハン:ワールド』次回イベクエで“歴戦王”のヴァルハザクが登場!狩王決定戦のクエストも配信開始

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリに完全勝利した?それともキャンプ送り?」結果発表―ナナの圧倒的強さに脱帽!【読者アンケート】

  10. あの漫画キャラが大暴れ!対戦ACT『JUMP Force』ゲームプレイ映像―3vs3の夢のチーム戦が展開【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る