人生にゲームをプラスするメディア

『太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ』ストーリー&演奏バトルの鍵は「オーブ」

バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ』の最新情報を公開しました。

任天堂 3DS
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ』の最新情報を公開しました。

今回、収録曲として「Wasabi Body Blow」(『鉄拳3D プライムエディション』)、「Fighter′s Honor(Flying Remix)」(『エースコンバット 3Dクロスランブル』)、「The Invincible Blade」(『ソウルキャリバーV』)、「The arrow was shot」(『テイルズ オブ ジ アビス』)、「AWAKE~マッスル目覚めのテーマ~」(『マッスル行進曲』)、「バーニングフォースメドレー」「アサルトBGM1」などのゲーム楽曲、クラシックから「オーソレ・ミオ」、ナムコオリジナルとして「キミと響くハーモニー」「エンジェル ドリーム」「スーハー2000」といった楽曲が追加発表されました。

そして、冒険する7つの世界、バトルの詳細がいよいよ明らかに。7つの世界からは、うっそうとおいしげる「ホゥストの森」、だれかが開けちゃった大穴が洞窟になった「ダルァケルの大穴」、バカンスにちょうどいい美しい湖「ジェラス湖」、国の南にそびえる山「ガクブルゥ山」が公開されました。

主人公は、お姫様を助けるために、相棒のちびドラゴンラルコと一緒に、マオウに奪われたオーブを探す旅に。まずは「ホゥストの森」へ行くこととなります。森を支配しているのは、すごいイケメン「イバラのきこうし アシュモ」。行方不明の「ブヒオ」、そしてオーブを探して、アシュモとバトルです。マオウのマリョクで、オーブの持ち主はみーんなマモノになってしまっています。演奏バトルで戦って、オーブを取り戻しましょう。

「いばらのきこうし アシュモ」は、森の住人たちをとりこにしてしまったほどのイケメン。譜面にバラのつるをからませて、譜面を見えなくします。なお、他のボス敵もさまざまな力を持っています。「ママフェゴール」は、なまけてしまいすぎてからだが岩になったおかあさん。すごいいびきで洞窟の岩が落ちてくるため、積もって譜面が見えなくなってしまいます。「マン&モン」は、お金もうけが大好きな双子カラス、おおきな風を巻き起こして、お金と一緒に音符も吹き飛ばします。

姫の歌声である「オーブ」を、ラルコの不思議なペンダントにかざすと、ラルコの身体の色が変わって、必殺技が使えるようになります。7つのオーブはそれぞれに、異なる力を持っています。

今回はそのなかから「火」「地」「風」の特性を紹介。「火のオーブ」の技名は「はっちゃけファイヤー」。敵に炎を吐き、いかにも燃えそうな敵によく効きます。「地のオーブ」の技名は「どでかロック」。大きな音符を岩に変えて攻撃力をあげます。「風のオーブ」の技名は「ばくしんタイフーン」。演奏中は倍速になりますが、音符の攻撃力が上がります。その他のオーブも、集めて使ってみましょう。

『太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ』は、7月12日発売予定で価格は5,040円(税込)です。

(C)2012 NAMCO BANDAI Games Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

    『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

  2. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

    【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  3. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』冒険に役立つ知識を詰め込んだガイドブック付きソフトが11月9日に発売決定!単品での販売も

  5. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  8. PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

  9. スイッチ新作『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』2019年発売決定!収録カードは約1,160枚

  10. 『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

アクセスランキングをもっと見る