人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』を開発したSlant Sixスタジオで4分の1以上の従業員がレイオフ

海外レビューでは酷な評価を得たものの、先月には200万本セールスの成功が伝えられていた『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』。その製作を務めたSlant Sixにてレイオフが行われたことが、海外サイトGameSpotにて明らかにされました。

ゲームビジネス 人材
海外レビューでは酷な評価を得たものの、先月には200万本セールスの成功が伝えられていた『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』。その製作を務めたSlant Sixにてレイオフが行われたことが、海外サイトGameSpotにて明らかにされました。

Slant SixがGameSpotに送った公式声明によれば、今回のレイオフではスタジオスタッフ96人の内、4分の1以上となる26人の従業員が対象になったとのこと。ただしSlant Six側はこれを“一時的なレイオフ”であると強調しており、実際にスタッフには退職金を受け取るか、雇用保険と13週間の拡張給付を受けつつ再雇用を待つという2つの選択肢が与えられています。スタジオの状態によっては再雇用は必ずしも行われるわけではないものの、同スタジオによれば26人のうち多くが後者の選択肢を受け入れたそうです。

現在70人の従業員が働くSlant Sixでは、先日発表された新規IP『Strata Scavenger』に加え、主要パブリッシャーとのコラボ企画が現在進行中であるとされています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  4. ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

  5. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  6. 3D仮想空間「セカンドライフ」の生みの親、新たなVR仮想空間の最新デモ動画を公開

  7. 【Unite Japan 2014】初音ミクが人気ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」とコラボ、PV制作に使われたUnity

  8. 任天堂、ロゴを変更?

  9. スマホビジネスのスペシャリスト達によるマーケティングスタジオ「ONNE」が設立―メンバーには『逆転オセロニア』の佐藤基氏などが名を連ねる

  10. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

アクセスランキングをもっと見る