人生にゲームをプラスするメディア

『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』のパブリッシャー、Wiiウェア市場はもうない

任天堂 Wii

LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
  • LA-MULANA(ラ・ムラーナ)
パブリッシャーのNicalisはWiiウェア向け『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』の欧米でのリリースを断念しました(日本では昨年6月から配信中)。その背景にはWiiウェアでの開発の困難さやユーザー数の少なさがあるようです。この教訓はWii Uでも重要になってきそうです。

Nicalisの代表を務めるTyrone Rodriguez氏はGo Nintendoのインタビューに応じ、発売中止の理由について「Wiiウェアのマーケットは2008年をピークに減少を続けており、2年の開発期間を回収できる可能性はほぼゼロでした」と語ります。

さらに開発の困難さも拍車をかけたそうです。「『LA-MULANA(ラ・ムラーナ)』は当初DLCを念頭に入れずに開発され、日本でリリースされました。しかし欧米での発売に当たって追加のDLCを用意しようとしたのですが、開発元のNigoroはマスター版を任天堂の審査を通過させることができなかったのです。最初の審査では2ダースもの問題点が指摘されました。2回目にはそれが更に増えていました」と同氏はTwitterで述べています。

※記事タイトルはデベロッパーではなくパブリッシャーの誤りです。お詫びして訂正いたします。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『マリオカート8 デラックス』英国チャートで初登場1位…6年ぶり任天堂作品が首位

    『マリオカート8 デラックス』英国チャートで初登場1位…6年ぶり任天堂作品が首位

  2. スイッチのJoy-Conを刺すだけで充電できるスタンドが6月発売

    スイッチのJoy-Conを刺すだけで充電できるスタンドが6月発売

  3. スイッチ『バトルスポーツ めく~る』正式名称が発表、無料アプデが実施されることなども明らかに

    スイッチ『バトルスポーツ めく~る』正式名称が発表、無料アプデが実施されることなども明らかに

  4. 竹田玄洋の退任後について君島社長がコメント―「特別顧問という形で助言をいただきたい」

  5. 【特集】本物の洞窟で『みんなでワイワイ!スペランカー』を遊ぶと盛り上がるのか―男女4人でやってきた

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』しゃがんで宝箱を開けるとどうなるの? リンクの意外なアクションを映像付きで披露

  7. ガノンに操られているのは?『ゼルダの伝説』推理ボードゲームが海外発表

  8. 【レポート】「『ARMS』スゴウデトーナメント」初日が激戦かつドラマチック! 中学生選手や前回優勝者が火花を散らす

  9. 「Newニンテンドー2DS LL」の「はぐれメタルエディション」が7月29日発売、『ドラクエXI』が同梱

  10. 『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

アクセスランキングをもっと見る