人生にゲームをプラスするメディア

PSVita、3月末までの販売台数は180万台・・・通期決算は売上高6兆5000億円・営業損失670億円

ソニーの平井一夫社長兼CEOは業績発表に合わせて開催した海外投資家向けカンファレンスコールの中で、3月末までのPlayStation Vitaの販売台数について「日米欧アジアで180万台を突破し、好調なスタートを切れたと考えている」と述べました。

ゲームビジネス 市場
ソニーの平井一夫社長兼CEOは業績発表に合わせて開催した海外投資家向けカンファレンスコールの中で、3月末までのPlayStation Vitaの販売台数について「日米欧アジアで180万台を突破し、好調なスタートを切れたと考えている」と述べました。

ソニーが10日発表した平成24年3月期の通期連結業績は、売上高6兆4932億円、営業損失673億円、税引前損失832億円、当期純損失4567億円となりました。セグメント別では金融部門が好調だったものの、テレビやゲームを含むコンスーマープロダクツ&サービスが約2300億円の営業損失を計上し全体を引っ張りました。期中から完全子会社化したソニーモバイルコミュニケーションズは売上高777億円、営業利益314億円でした。

前期のゲーム機の販売台数はPS3が1390万台、PSPが680万台、PS2が410万台。ソフトはPS3が1億5660万本、PSPが3220万本、PS2が790万本でした。今期の販売予測では、据え置き機(PS3/PS2)が1600万台、携帯機(PSP/PSVita)が1600万台、ソフトは前年度並み(前年度:1億9670万本)を見込んでいるとのこと。

今期の業績見通しは売上高7兆4000億円、営業利益1800億円、税引前利益1900億円、当期純利益300億円としています。

カンファレンスコールの案内はこちら
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  4. 【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

  5. ジェダイ体験できる「スター・ウォーズ」のVRゲーム『TRIALS ON TATOOINE』映像公開

  6. 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)

  7. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  8. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  9. マイケル・ジャクソン氏の伝説のゲームコレクションが競売に−R360、ギャラクシーフォースなど

  10. UDKを使ってみよう!【実践編1】ゲームタイプとレベルデザイン ・・・「Unreal Japan News」第45回

アクセスランキングをもっと見る