人生にゲームをプラスするメディア

GW期間中のゲームソフト市場、前年を上回る ― 総販売本数は187.5万本

ゲームビジネス 市場

メディアクリエイトは、ゴールデンウィーク期間(4/23~5/6)中のゲームソフト市場動向に関する調査結果を発表しました。

 れによると、GW期間の国内テレビゲームのソフト市場は、総販売本数は187.5万本、総販売金額は103億3852万4千円となり、前年を上回ったとのことです。前年同時期と比較すると、総販売本数は118.58%、総販売金額は126.65%となりました。

ハード市場の総販売台数は31.0万台、総販売金額は52億9893万円。販売台数は101.90%と微増しましたが、金額ベースでは同87.01%と減少しています。

ソフト市場では、3DSとWiiがそれぞれ前年比467.08%、212.14%と増加したことで、任天堂フォーマットがシェアを同134.64%と伸ばしました。例年、ゴールデンウィーク期間においては任天堂フォーマットの需要が高まる傾向があるとのことですが、『ファイアーエムブレム 覚醒』『新・光神話 パルテナの鏡』『マリオパーティ9』などソフトラインナップが豊富に揃っていることが奏功し、今年は一段と強くあらわれる結果となりました。

ハード本体でも、3DS、Wiiは、それぞれ前年比で288.65%、111.51%と増加している。一方で、PSPは前年比32.22%、8.9万台のマイナスとなるなど大幅に減少した。しかし3DSが16.6万台を販売しPSPの減少分を補ったことで、総販売台数は前年とほぼ同程度の水準を維持している。販売金額では3DSとPSPの本体価格差が影響し、前年比減となった。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  6. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  7. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  8. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  9. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  10. 【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

アクセスランキングをもっと見る