人生にゲームをプラスするメディア

GW期間中のゲームソフト市場、前年を上回る ― 総販売本数は187.5万本

ゲームビジネス 市場

メディアクリエイトは、ゴールデンウィーク期間(4/23~5/6)中のゲームソフト市場動向に関する調査結果を発表しました。

 れによると、GW期間の国内テレビゲームのソフト市場は、総販売本数は187.5万本、総販売金額は103億3852万4千円となり、前年を上回ったとのことです。前年同時期と比較すると、総販売本数は118.58%、総販売金額は126.65%となりました。

ハード市場の総販売台数は31.0万台、総販売金額は52億9893万円。販売台数は101.90%と微増しましたが、金額ベースでは同87.01%と減少しています。

ソフト市場では、3DSとWiiがそれぞれ前年比467.08%、212.14%と増加したことで、任天堂フォーマットがシェアを同134.64%と伸ばしました。例年、ゴールデンウィーク期間においては任天堂フォーマットの需要が高まる傾向があるとのことですが、『ファイアーエムブレム 覚醒』『新・光神話 パルテナの鏡』『マリオパーティ9』などソフトラインナップが豊富に揃っていることが奏功し、今年は一段と強くあらわれる結果となりました。

ハード本体でも、3DS、Wiiは、それぞれ前年比で288.65%、111.51%と増加している。一方で、PSPは前年比32.22%、8.9万台のマイナスとなるなど大幅に減少した。しかし3DSが16.6万台を販売しPSPの減少分を補ったことで、総販売台数は前年とほぼ同程度の水準を維持している。販売金額では3DSとPSPの本体価格差が影響し、前年比減となった。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. サイバーコネクトツー松山洋社長が明かす、デベロッパーが20年勝ち続けるための方程式

    サイバーコネクトツー松山洋社長が明かす、デベロッパーが20年勝ち続けるための方程式

  4. 任天堂、永井信夫・代表取締役専務製造本部長が逝去

  5. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  6. 【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

  7. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. Wii版も開発中!サイバーステップが『ゲットアンプド2』発表会を開催

  10. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

アクセスランキングをもっと見る