人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスAQL、2012年3月期決算 ― 予想を上回る好調な結果に

マーベラスAQLは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

ゲームビジネス その他
マーベラスAQLは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

それによると売上高101億6600万円(前年比57.9%増)、営業利益10億3100万円(前年比495.8%増)、経常利益10億2400万円(前年比748.7%増)、当期純利益は35億5500万円となり、予想を上回る好調な結果となりました。

同社は、2011年10月1日付でAQインタラクティブおよびライブウェアを吸収合併し社名を「マーベラスAQL」に変更。さらにリンクシンク、XSEED JKS, Inc.、デルファイサウンドの3社が連結子会社となりました。さらに、オンライン事業で、Checkpoint Studios Inc.の第三者割当増資を引き受け、第3四半期連結会計期間より、同社を持分法適用関連会社としています。そのため、今期の純利益については比較数値が示されていないとのことです。

同社は「オンライン事業」「コンシューマ事業」「音楽映像事業」の3事業を報告セグメントとしていますが、オンライン事業においては、『ブラウザ三国志』『ブラウザプロ野球』、モバイル版『牧場物語』等の主力タイトルが引き続き好調に推移し収益に貢献。『剣と魔法のログレス』も順調に推移し、売上高36億9200万円としました。

またコンシューマ部門では、2012年2月に発売した『牧場物語 はじまりの大地』(3DS)が期中の累計出荷本数が19万本を超えるヒットとなり収益に貢献。『グランナイツヒストリー』(PSP)『閃乱カグラ -少女達の真影-』(3DS)も新規タイトルながらスマッシュヒットを記録。売上高35億2600万円としました。

なお、次期の連結業績は、売上高185億円、営業利益22億万円、経常利益21億3000万円、当期純利益12億9000万円となる見込みです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

    「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  2. 今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

    今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

  6. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  7. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  8. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  9. 任天堂が有価証券報告書などを訂正

  10. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

アクセスランキングをもっと見る