人生にゲームをプラスするメディア

Amazon、ゲーム買取サービス開始 ― 申込・集荷など無料で

ゲームビジネス 流通

通販サイト大手のAmazonは、テレビゲーム買取サービスを開始しました。

Amazon.co.jpによるゲーム買取サービスは、インターネットからの申し込みと、宅配業者による集荷によって無料で完了します。Amazon以外で購入したゲームでも利用可能で、一点からでも送料無料の宅配便で申し込みすることができます。

利用者は買い取ってもらいたいタイトルを検索し、一覧から選択。その際、買取金額は事前に表示されます。現時点で取り扱っているプラットフォームは「PS3」「PS2」「PSP」「PS Vita」「Wii」「DS」「3DS」「Xbox360」の8種類。今後旧ハードなどを取り扱っていくかは不明です。

買取サービスは18歳以上(高校生不可)のみ利用でき、商品のコンディションは自己判断で「良い」と「可」から選択。一覧には「良い」コンディションの場合の買取金額が表示されています。査定によりコンディションがダウングレードした場合も「返送」などを細かに指定することができます。

印刷し署名した「買取申込書」、身分証明書のコピー、ゲームソフトを梱包し、箱や封筒に詰め、集荷に来た宅配業者に手渡せば完了。集荷日時の指定も可能です。買取業者は商品受領後、原則24時間以内に査定を完了し、買取金額分のAmazonギフト券が利用者に支払われます。

サービス内容の詳細やガイド動画が、当該ページにて公開されていますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

自宅にいながら全て無料で完了するゲーム買取システム。中古ゲームソフト市場に新たな風を巻き起こすことになりそうです。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  2. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  3. 「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

    「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

  4. ポケモンセンター全店で「おねむりピカチュウまつり」実施

  5. 【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」

  6. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  7. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  8. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  9. 5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

  10. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

アクセスランキングをもっと見る