人生にゲームをプラスするメディア

Unity、利用者が100万人を突破・・・マルチプラットフォームゲームエンジン

ゲームビジネス その他

ユニティ・テクノロジーズは、同社の統合開発環境「Unity」の登録デベロッパーが100万人を突破したと発表しました。

Unityはマルチプラットフォームでの開発に対応した統合開発環境(ゲームエンジン)で、特にスマートフォン向けの開発で利用が拡大しています。同社は「ゲーム開発の民主化」を掲げ、個人で非商用であれば無償から利用できるライセンス体系で利用者やコミュニティを広げています。

2010年末時点での登録デベロッパーは25万人でしたが、2011年末には75万人、そして4月には100万人を達成しました。また累計でのダウンロード数は600万を超えているとのこと。うち、Unityを長時間使っている開発者は約3割で、月あたりの登録デベロッパーの総利用時間は2500万時間にもなるとのこと。

同社のDavid Helgason CEOは「わたしたちが 2005 年に Unity 1.0 をリリースしたときには、こんな数字は夢にも思っていなかった。ただ Unityを使ってくれる数百の顧客のために、素晴らしいツールとなれることだけを思って始めたんです。わたしたちの目標は今でも変わりません。この驚くべき成功を基に製品を改善し、さらなる高みを目指します。まだ始まったばかりです!」とコメントを寄せています。

ちなみにウェブブラウザでUnityで開発されたゲームを遊ぶためのプラグイン「Unity Web Player」のインストール数も1億2500万に到達し、毎月500万以上が増えているとのこと。

ゲーム開発のための環境でありながら100万人を超えるユーザーに利用されているというのは過去の同様のツールでは考えられない規模です。また、Unityではのこの利用者の規模を活かせるようなコミュニティが充実していて、プロからアマまで幅広い世界を作り上げています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

    ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  5. 【CEDEC 2014】ゲーム開発を最適化するアセットパイプライン、基礎知識と構築のポイントを解説

  6. 【特集】空間把握能力は『マイクラ』で鍛えろ!宝塚大学 東京メディア芸術学部で学ぶゲーム製作、キャンパス内には開発会社が

  7. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  8. 【CEDEC 2011】女性視点でのゲーム運営 ― 『農園ホッコリーナ』がモバゲー女性ランキング1位になった理由

  9. 今週発売の新作ゲーム『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』『大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟』『Shadow Tactics: Blades of the Shogun』『Patapon Remastered』他

  10. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

アクセスランキングをもっと見る