人生にゲームをプラスするメディア

セガ、コンシューマ事業の構造改革に着手 ― 組織合理化、開発タイトルの絞り込みなど

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングスは、子会社であるセガのコンシューマ事業について、構造改革を実施することを発表しました。

セガを中心としたコンシューマ事業は、欧米における厳しい経済環境、家庭用ゲームソフトの市場環境の急速な変化を受けて、2012年3月期においては、営業損失を計上する見込みとなっています。

これを受けて今回「組織の合理化」「タイトル数の絞込み」「開発中タイトルの仕掛品の評価減」「在庫の処理」の4つを柱とする施策を発表したものです。

具体的には、欧米市場における家庭用ゲームソフト分野を担当する組織を合理化し、安定的に収益を創出できる体制を構築。さらに欧米市場向けタイトルの収益見通しを厳格に精査し、翌期以降は『Sonic the Hedgehog』『Football Manager』『Total War』『Aliens』など、確固たる収益が期待される“有力なIP(Interllectual Propery、知的財産)”に販売を絞り込むとのことです。

なお、開発を進めていた一部タイトルについて、開発中止も行われる予定です。

そのほか、当期末から翌期にかけて欧米市場において販売するゲームソフトに係る仕掛品の収益性を再評価し、一部タイトルの仕掛品を評価減すること、現在流通している市中在庫を含め、ゲームソフト在庫の費用引当処理を行うことが発表されました。

セガでは、2012年3月期決算において、構造改革にともなう費用として、71億円を特別損失として計上する予定となっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  2. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  5. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  6. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  7. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  8. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  9. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  10. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

アクセスランキングをもっと見る