人生にゲームをプラスするメディア

『デジモンワールド リ:デジタイズ』アニメパートのキャラクター設定画などが公開

ソニー PSP

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ』の最新情報を公開しました。

『デジモンワールド リ:デジタイズ』は、初代『デジモンワールド』へと原点回帰し復活した作品。“寿命のあるデジモンを育成しながら、異世界デジタルワールドを冒険する”という育成システムを蹈襲した育成RPGとなっています。

今回はアニメパートのキャラクター設定画が公開されたほか、トレーニングの様子、異世界デジタルワールドの様子なども公開されました。

本作では、少年たちが現実世界からデジタルワールドへと旅立つまでのプロローグが、アニメーションにて語られます。「デジモン」のアニメシリーズを制作している東映アニメーションが手掛けており、魅力的なキャラクターたちがイキイキと表現されているとのことです。

さらに獣人型「レオモン」(完全体)や獣型「ガルルモン」(成熟期)のイラストが公開されました。

また、はじまりの街の一画にあるトレーニングジムの様子も明らかに。デジタルワールドでいきなり冒険にでても野性のデジモンに勝つことは出来ません。まずはトレーニングジムでパートナーデジモンを鍛えましょう。

トレーニングには「ノーマルトレーニング」と「ボーナストレーニング」が存在し、難易度を上げることで、効率よくデジモンを鍛えることが出来ます。ノーマルトレーニングを選択すれば、必ず一定で能力値がアップしますが大幅に能力値が上がるわけではありません。

一方、ボーナストレーニングは能力値が大幅にアップしますが、プレイヤーがミニゲームにチャレンジしなければなりません。トレーニングに成功すると能力値が大幅UPしますが、失敗するとあまり上がりません。トレーニングには「丸太粉砕撃」「同じのどーれだ」「パンチをガード」「爆弾回避」などがあります。

さらに、デジタルワールドの風景として、蛍光色豊かな花が咲き乱れる「ケイコウ洞窟」、蒸気パイプの上に植物が根を下ろした不思議「道標の森」が公開。ケイコウ洞窟は、巨大な植物の根っ子が重なり合って出来上がっている洞窟で、そこに咲く花は電球代わりに内部を明るく照らしています。道標の森では植物のように道路標識がたっており、あたり一面に水蒸気が立ち込めています。

『デジモンワールド リ:デジタイズ』は、2012年夏発売予定で価格は未定です。

※画面は開発中のものです。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
(C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

    裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  2. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  3. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  4. 『フォートナイト バトルロイヤル』のとある場所に「謎の墓」が登場―この裏には悲しい物語があった…

  5. 狩りが捗るかも!『モンハン:ワールド』全ハンターに知ってほしい10の豆知識

  6. 『MGSV:TPP』新アップデートで「クワイエット」がプレイ可能に!一定時間不動で透明化など能力も

  7. 謎の隕石、正体が遂に判明か?『フォートナイト』シーズン4が告知

  8. PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition が8月24日発売決定!―全世界合計5万台限定の特別モデル

  9. 『モンハン:ワールド』寄せられたベヒーモス戦への意気込みを大公開!ソロ討伐を目指す猛者も多数登場【読者アンケート結果】

  10. 『バレットガールズ2』衣装破壊時の“謎の煙”は光やダークマターに変更可能!3倍早そうな「謎の弾丸娘」参戦も明らかに

アクセスランキングをもっと見る