人生にゲームをプラスするメディア

『デジモンワールド リ:デジタイズ』アニメパートのキャラクター設定画などが公開

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ』の最新情報を公開しました。

『デジモンワールド リ:デジタイズ』は、初代『デジモンワールド』へと原点回帰し復活した作品。“寿命のあるデジモンを育成しながら、異世界デジタルワールドを冒険する”という育成システムを蹈襲した育成RPGとなっています。

今回はアニメパートのキャラクター設定画が公開されたほか、トレーニングの様子、異世界デジタルワールドの様子なども公開されました。

本作では、少年たちが現実世界からデジタルワールドへと旅立つまでのプロローグが、アニメーションにて語られます。「デジモン」のアニメシリーズを制作している東映アニメーションが手掛けており、魅力的なキャラクターたちがイキイキと表現されているとのことです。

さらに獣人型「レオモン」(完全体)や獣型「ガルルモン」(成熟期)のイラストが公開されました。

また、はじまりの街の一画にあるトレーニングジムの様子も明らかに。デジタルワールドでいきなり冒険にでても野性のデジモンに勝つことは出来ません。まずはトレーニングジムでパートナーデジモンを鍛えましょう。

トレーニングには「ノーマルトレーニング」と「ボーナストレーニング」が存在し、難易度を上げることで、効率よくデジモンを鍛えることが出来ます。ノーマルトレーニングを選択すれば、必ず一定で能力値がアップしますが大幅に能力値が上がるわけではありません。

一方、ボーナストレーニングは能力値が大幅にアップしますが、プレイヤーがミニゲームにチャレンジしなければなりません。トレーニングに成功すると能力値が大幅UPしますが、失敗するとあまり上がりません。トレーニングには「丸太粉砕撃」「同じのどーれだ」「パンチをガード」「爆弾回避」などがあります。

さらに、デジタルワールドの風景として、蛍光色豊かな花が咲き乱れる「ケイコウ洞窟」、蒸気パイプの上に植物が根を下ろした不思議「道標の森」が公開。ケイコウ洞窟は、巨大な植物の根っ子が重なり合って出来上がっている洞窟で、そこに咲く花は電球代わりに内部を明るく照らしています。道標の森では植物のように道路標識がたっており、あたり一面に水蒸気が立ち込めています。

『デジモンワールド リ:デジタイズ』は、2012年夏発売予定で価格は未定です。

※画面は開発中のものです。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
(C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

    『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  2. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

    『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  3. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  4. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  5. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  6. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  7. “折り紙殺人鬼”の連続誘拐殺人事件を止めろ!4人の思惑が交差する『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』

  8. 『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

  9. 『Days Gone』オレゴン州の美しい自然が見られるスポット12選

  10. PS5ローンチタイトル発表イベントが延期…今はお祝いの時ではない【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る