人生にゲームをプラスするメディア

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』ゲーム内容が明らかに ― 最大12人で戦うアクションゲーム

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3ソフト『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』の最新情報を発表しました。

ソニー PS3
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3ソフト『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』の最新情報を発表しました。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』は、Sony Entertainment Network(SEN)に接続したプレイヤー同士が最大計12人で戦うアクションゲーム。地球連邦軍とジオン公国軍それぞれ4人~6人ずつに分かれ、さまざまなルールのもとで戦闘を繰り広げます。モビルスーツ(MS)に搭乗して戦うのはもちろん、ときにはMSを降りて生身のパイロットでMSに戦闘を挑んだり、敵拠点を爆弾で破壊したり、MS以外の戦闘車両に搭乗して応戦するなど、広大なフィールドをプレイヤーが臨機応変に自由に行動できるのが特徴となっています。

MSでの戦闘では、「タックル」をHITさせるとMS同士の超近接戦「グラップル」に移行。大ダメージを与えることができます。フィールド内の規定位置で遮蔽物に身を隠して、攻撃を行う「カバーアクション」も用意されています。

パイロット時(白兵戦)は、手にしたマシンガンやバズーカなどを駆使して戦うことも、ワッパやマゼラアタックなどの戦闘車両に搭乗して戦うことも可能。さらに敵拠点を一撃で破壊できる爆弾設置は、パイロットにしかできません。

また、損傷したユニットを修理できるのは歩兵だけの特権。戦車などのユニット類、拠点(破壊前)など、モビルスーツ以外も修理が可能です。味方のモビルスーツ&ユニットに張り付いて移動することもできます。ただし、行動選択肢は多くても、モビルスーツに比べると当然ながら、耐久力は著しく下がり、見つかれば簡単にやられてしまいますので注意してください。

ゲームの基本は、制限時間内に敵軍より多く戦果ポイントを稼ぐこと。制限時間8分の間により多くの戦果ポイントを取得した軍の勝利となります。「拠点」は隣接する所属軍のMSを回復します。敵の「拠点」を破壊すると高得点が得られます。拠点を破壊するには、MSなどによる外部からの攻撃or歩兵で爆弾を仕掛ける必要があります。

爆弾は一定時間で起爆して拠点を破壊します。敵に仕掛けられた爆弾は同手順で解除可能です。拠点は破壊されると回復しませんので、拠点の攻防が勝敗を大きく左右します。

敵モビルスーツの撃破や敵拠点の破壊だけでなく、自軍の損害をいかに減らすかという点も重要になってきます。ジムやザクに代表されるモビルスーツ、マゼラアタックなどの戦闘車両、そしてパイロット自身による白兵戦。さまざまな兵器と戦略を駆使して勝利を目指してください。仲間の兵装や状況を確認しつつ、おのおのが自分の役割をもってチームのために行動することが重要な戦略となるでしょう。

また、フィールド上には数ヶ所の「中継地点」が存在します。中継地点を制圧する事で、拠点以外からも自軍メンバーがリスポーン可能となります(MSの呼び出しも可能です)。制圧は拠点爆破と同じく「歩兵状態」で行う必要があります。敵が制圧した中継地点は同手順で制圧し返すことができます。リスポーン個所が増えれば、より有利に戦闘を進められます。

豊富に用意されたモビルスーツやモビルスーツを強化するパーツなどは、戦闘報酬を利用して入手できます。戦闘終了後に入手するカスタムパーツをモビルスーツに装備することで、モビルスーツの性能を上げることが可能です。カスタムパーツには様々な種類があり、それぞれに効果が異なります。

モビルスーツの利点を強化することも、弱点を補うこともプレイヤーが自由に選択することができます。またパイロットスーツは自由にカラーチェンジすることが可能。チームメンバーで同じ色にそろえることも、他のプレイヤーには見られない奇抜な色にすることもできます。

なお、クローズドβテストが3月29日~3月31日に実施される予定で、現在参加者募集中となっています。応募方法の詳細などは、公式サイトの募集要項を確認してください。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』は2012年6月下旬サービス開始予定。基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C)創通・サンライズ
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

    『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  2. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

    『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  4. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

  5. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  6. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  7. 『Bloodborne』神秘と狂気の古都・ヤーナムでも旅行は楽しめるのか?ガスコイン神父までをポジティブな旅レポ風に紹介

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. 『Ghost of Tsushima』で描かれる中世日本・対馬と時代劇へのリスペクト―アート/クリエイティブ・ディレクターインタビュー

  10. 『FF7 リメイク』“戦うサラリーマン”、タークスの色褪せない格好良さに迫る─レノ&ルードの見習いたいビジネス観とルーファウスが描く今後の未来

アクセスランキングをもっと見る