人生にゲームをプラスするメディア

エイティング、子会社を解散・・・オンラインゲーム『GIGANTOMAKHIA』を開発中止

ゲームビジネス 市場

 
  •  
  •  
エイティングは、100%出資子会社のエイティングネットワークスを解散すると発表しました。

同社はグループ成長戦略の一環として、ネットワーク技術を活かしたMMO型ロボットアクションゲーム『GIGANTOMAKHIA』の開発を進めてきました。同作品はゲームポットがパブリッシャーとなり、βテストを昨年夏に実施したものの、「その後の追加開発投資を含めた総開発費と事業計画を精査し検討を重ねた結果、開発及び配信をこのたび中止することとした」とのこと。

また、同社では自社サービスとしてmixi向けのダンジョン探索型RPG『ユグドラのまもり人』も配信していましたが、こちらは3月21日をもってサービスが終了することが告知されています。

エイティングでは同社の清算や『GIGANTOMAKHIA』の評価損で約3億円の特別損失を計上する見込み。さらに、モバイルコンテンツの受託開発や運営で費用が先行していること、ゲームソフト開発事業で売上計上がずれ込む見込みが出てきたことなどから、第2四半期の業績予想を下方修正しています。修正後の売上高は9億6300万円(修正前:11億5400万円)、営業利益1900万円(1億円)、経常利益1900万円(9800万円)、純損失2億7400万円(3100万円)です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  5. 【プレイレポート】若きララ・クロフトが伝説のヒロインに成長する物語『トゥームレイダー』を体験

  6. 今週発売の新作ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』『LOST SPHEAR』『The Evil Within 2』『Minecraft: Story Mode Season 2』他

  7. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る