人生にゲームをプラスするメディア

エイティング、子会社を解散・・・オンラインゲーム『GIGANTOMAKHIA』を開発中止

エイティングは、100%出資子会社のエイティングネットワークスを解散すると発表しました。

ゲームビジネス 市場
 
  •  
  •  
エイティングは、100%出資子会社のエイティングネットワークスを解散すると発表しました。

同社はグループ成長戦略の一環として、ネットワーク技術を活かしたMMO型ロボットアクションゲーム『GIGANTOMAKHIA』の開発を進めてきました。同作品はゲームポットがパブリッシャーとなり、βテストを昨年夏に実施したものの、「その後の追加開発投資を含めた総開発費と事業計画を精査し検討を重ねた結果、開発及び配信をこのたび中止することとした」とのこと。

また、同社では自社サービスとしてmixi向けのダンジョン探索型RPG『ユグドラのまもり人』も配信していましたが、こちらは3月21日をもってサービスが終了することが告知されています。

エイティングでは同社の清算や『GIGANTOMAKHIA』の評価損で約3億円の特別損失を計上する見込み。さらに、モバイルコンテンツの受託開発や運営で費用が先行していること、ゲームソフト開発事業で売上計上がずれ込む見込みが出てきたことなどから、第2四半期の業績予想を下方修正しています。修正後の売上高は9億6300万円(修正前:11億5400万円)、営業利益1900万円(1億円)、経常利益1900万円(9800万円)、純損失2億7400万円(3100万円)です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 教育分野へのゲーム的アプローチとは?「PlayStation x IT 教育がつくる次世代エンタテインメント」セッションレポ【CEDEC 2018】

    教育分野へのゲーム的アプローチとは?「PlayStation x IT 教育がつくる次世代エンタテインメント」セッションレポ【CEDEC 2018】

  4. 『バハムートブレイブ』が念願の総合大賞を獲得!「GREE Platform Award 2012」にて計17タイトルが表彰

  5. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  6. 東アジアにおけるスマートフォンゲーム市場動向調査の結果発表、市場構成比は日本が約6割

  7. 常的ホラーFPS!『F.3.A.R.』日本版プレイレポ

  8. 『Left 4 Dead2』の続編に不買運動−19000人以上が参加

  9. 【今どきゲーム事情】『テイルズ オブ ヴェスペリア』樋口義人プロデューサーと、郷田努プロデューサーが開発秘話を徹底披露!

  10. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

アクセスランキングをもっと見る

1